ニュース
» 2012年03月21日 17時10分 UPDATE

グリーやDeNAなど6社、市場の健全な発展とユーザーの適正利用を推進するための連絡協議会を設置

NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ドワンゴ、ディー・エヌ・エー、ミクシィの6社がソーシャルゲームの利用環境向上などに関する連絡協議会を設置する。

[ITmedia]

 NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ドワンゴ、ディー・エヌ・エー、およびミクシィのプラットフォーム事業者6社は、各社のプラットフォームで提供するソーシャルゲームを含むネットワークゲームに関する市場の健全な発展、ユーザーによる適正利用の推進等を図ることを目的に、3月21日をもって利用環境向上等に関する連絡協議会を設置した。

 各社が運営するプラットフォームにおいて、従来からそれぞれユーザーの利用規約違反ないし利用規約上の禁止行為について厳しく対処するとともに、ユーザーや開発パートナー各社等に対する啓発活動やパトロール等に取り組むことを通じて利用環境の整備を図る。

 ソーシャルゲームを含むネットワークゲーム市場のさらなる健全な発展と良好な利用環境の維持・向上、ユーザーによる適正利用の推進、ユーザー保護の充実・強化が目的。開発パートナー各社や関係各所とも連携を図りながら、様々な取り組みを開始する。

 主な取り組みとしては、ゲーム内に分かりやすい表示や事前確認、未成年ユーザー等の保護の充実・強化に向けた施策といったユーザーの適正利用を促進し、利用環境の維持・向上を推進することや、リアルマネートレードなど利用環境を阻害する行為に対して適切な施策の推進を挙げている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう