ニュース
» 2012年03月22日 21時54分 UPDATE

ナニコレ:現実世界でFPSごっこが楽しめる、夢のハイテク玩具がまもなく登場か

スマートフォンと拡張現実(AR)技術を組み合わせて、現実世界でFPSを楽しめるようにしてしまったデバイスがまもなく登場予定だ。

[ITmedia]

 「APPTAG LASER BLASTER」という海外のオモチャがゲーマーたちの注目を集めている。まだコンセプト段階の商品だが、クラウドファンドサイト「Kickstarter.com」で資金を募ったところ、目標の3万ドル大きく上回り、現在までに5万5000ドルを集めることに成功。すでに製品化されることは決定しており、公式サイトではまもなくプレオーダーを開始する予定としている。

AppTag Laser Blaster from Jon Atherton on Vimeo.


 どんな製品かは、公式サイトの動画を見てもらうのが手っ取り早い。要するに銃のオモチャなのだが、単体では遊べず、専用のアプリを立ち上げたスマートフォンを本体にセットすることではじめて遊べるようになる。

 面白いのはここからだ。スマートフォンの画面には、正面カメラの映像が映し出されており、トリガーを引くとレーザーが発射される。「APPTAG LASER BLASTER」を持ている人同士で撃ち合うこともでき、レーザーが当たればポイント獲得。さらにはアーマー、回復キット、弾薬パックなどのアイテムをARで出現させることもできるという。要するに、ARを使って現実空間内でFPSが楽しめてしまうというわけだ。

 下半分は別のユニットと差し替えが可能で、既存の銃のオモチャにセットして遊ぶこともできるという。価格は未定だが、Kickstarterでは35ドルで1ユニット、65ドルで2ユニット分が購入可能だ。

 これならサバイバルゲームのように準備に手間もかからないし、弾が当たって痛いということもない。ぜひ8ユニットくらい揃えて、広いところでガンガン撃ち合ってみたい。

画像 iPhoneなどスマートフォンを本体にセットして使用する

画像 グリップ、トリガー部は交換可能。既存の銃の玩具との互換性もある

画像 基本のパーツ以外に、交換用ユニットの開発予定もあるようだ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう