ニュース
» 2012年04月02日 19時00分 UPDATE

「サムライ&ドラゴンズ」アクセス集中によりサービス停止、再開は2週間後を予定

サービス再開は4月17日。ネットワーク専用タイトルのため、サービス停止中は実質プレイ不可能となる。

[ITmedia]

 セガは4月2日、同社のプレイステーション Vita用ゲーム「サムライ&ドラゴンズ」のオンラインサービスについて、サービスを一旦停止し、4月17日にあらためて再開すると発表した。

画像

 「サムライ&ドラゴンズ」はネットワークを通じて他のプレイヤーと領地を奪い合うアクション&シミュレーションゲームで、プレイの際にはネットワークへの接続が必須。サービスが再開する4月17日までは一切のネットワークプレイが不可能となるため、現在はクライアントソフトの新規ダウンロードも一時的に停止している。

 本作は基本プレイ無料のアイテム課金制を採用。無料のダウンロード版が3月29日より配信されていたが、アクセスの集中によりネットワークにつながりにくい状態が続いていた。

なお、すでに利用済みのCP(チャージポイント)については補填されるほか、現在のゲーム進行状況についてはそのまま保存されることも併せて発表されている。その他、ユーザー全員を対象に別途「お詫びの対応」を行うとのこと。

 4月27日には特典アイテムなどが付属した、有料のデラックスパッケージ版が3990円にて発売予定となっている。


画像

画像

画像 カードゲーム、シミュレーション、アクションの3要素が融合した、戦略性の高いオンライン対戦が「サムライ&ドラゴンズ」の特徴

(C) SEGA (C) 柴田ヨクサル/集英社

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう