ニュース
» 2012年04月03日 19時30分 UPDATE

大津波が来たときに備えて――ナブラ・ゼロ、iPhone向け「AR津波カメラ」を無料配信開始

iPhoneのカメラ画像に、津波の高さを重ね合わせて表示するアプリが無料配信している。まさかの津波に備え、身近な場所での逃げ場所探しに活用できる。

[ITmedia]

 ナブラ・ゼロは、iPhone向けアプリ「AR津波カメラ」を4月3日より無料配信する。

 「AR津波カメラ」は、iPnoneのカメラを使い、実際に映している風景の中に設定した高さの津波が襲来した映像を重ね合わせて表示するもの。同社によると、東日本大震災において津波による甚大な被害を受けた地域の自治体からの要望で、学校での防災教育に使用する目的で作成されたという。

 「AR津波カメラ」を用いることで、「想定した高さの津波が襲来した際に実際に身の回りのどこまでが浸水するのか」を現実の風景として見ることが可能となり、津波をiPhone上で視覚的に実感できる。また、被災地以外でも自由に使用できるので、「今の場所に津波が襲来した場合に近隣のビルの何階に逃げればよいのか」というシミュレーションにも活用できる。なお、「AR津波カメラ」は近々にAndroid版も公開予定。


tm_20120403_artsunami01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう