ニュース
» 2012年04月04日 17時09分 UPDATE

加速度20Gまで耐えるタフネス設計――カシオ計算機、「G-SHOCK」にパイロット仕様モデルを7月31日発売

高い衝撃性を持つカシオの腕時計「G-SHOCK」に、戦闘機の急加速にも耐える20G耐加速度性能を持つパイロットモデルが、7月に発売される。

[ITmedia]

 カシオ計算機は、同社が発売する耐衝撃腕時計「G-SHOCK」シリーズの新モデルとして「GW-A1000」を7月31日に発売する。

 「GW-A1000」は、航空機パイロット向けに多彩な機能を搭載しながらも、スムーズな使い心地を実現したモデル。耐衝撃性能に加え、耐遠心重力、耐振動の3つの性能を備えた「TRIPLE G RESIST」構造を採用し、モジュールの外周や裏面をゲル状の素材で囲むことで、航空機の操縦時などに発生する激しい振動がモジュールに伝わるのを低減し、振動加速度20Gまでの耐振動性能を実現している。

 コックピットの計器をイメージした大型の文字板は立体的なインデックスを採用したほか、太めの針や時字部分に蓄光塗装を施すことで視認性を向上。操作部分にはコックピット内での使用を想定し、直感的な操作を可能にする「Smart Access」をG-SHOCKシリーズで初めて搭載した。

 電子式竜頭スイッチによる操作性と、時針・分針・秒針をそれぞれ別のモーターで駆動させることでストレスのない運針を可能にしている。電源は太陽光充電式となっており、時刻補正は日本のほか中国・アメリカ・イギリス・ドイツの標準電波に対応。竜頭の操作でワールドタイムの都市設定ができるほか、簡単なボタン操作でホームタイムとワールドタイムの入れ替えや、UTCへの切り替えが行える仕組みとなっている。

 バンド部分が樹脂製の「GW-A1000」とメタル製の「GW-A1000」の2モデルが用意され、価格は「GW-A1000」が5万6700円、「GW-A1000D」が7万1400円となっている。


tm_20120404_gshock01.jpg 「GW-A1000」
tm_20120404_gshock02.jpg 「GW-A1000D」

(c) 2012 CASIO COMPUTER CO., LTD.
GW-A1000GW-A1000D
製品ジャンル耐衝撃腕時計
耐衝撃/防水性能耐衝撃性能/耐遠心重力性能/耐振動性能/20気圧防水
標準時刻受信JJY(福島:九州局)/WWVB(アメリカ)/MSF(イギリス)/DCF77(ドイツ)/BPC(中国)
ストップウオッチ1/20秒計測(120分計、フライバック付き)
タイマーセット単位:1分/最大セット:60分(1秒単位で計測)
温度計測-10〜60℃
その他の機能針位置自動補正機能/時刻アラーム/フルオートカレンダー/日付・曜日表示/バッテリー充電警告機能
使用電源太陽光充電(連続駆動時間: 最大約29カ月)
バンド樹脂製メタル製
サイズ54.1W×51.7H×16.4Dmm
重量85g157g
発売日2012年7月31日発売予定
価格(税込)5万6700円7万1400円

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう