ニュース
» 2012年04月13日 20時34分 UPDATE

オプションで後方カメラにも対応――カストレード、ドライブレコーダー「CJ-DR450」を4月18日発売

GPS情報やGセンサーの情報を動画と同時に記録するドライブレコーダー「CJ-DR450」が発売に。GPSログはGoogleマップなどにも出力可能となっている。

[ITmedia]

 キャストレードは、ドライブレコーダー「CJ-DR450」を4月18日に発売する。価格はオープンプライス。

 「CJ-DR450」は、GPSと3D Gセンサーを内蔵したドライブレコーダーで、位置・衝撃を細かく記録することが可能となっている。カメラは前方カメラのほかオプションで後方カメラも増設可能で、オプションカメラ接続時は最大640×480ドットで同時録画に対応。あわせて、GPSによる走行軌跡と3D Gセンサーの衝撃情報が同時に記録される。本体付属するPC向け専用ソフトで楽しむことができる。また、専用ソフトからは走行履歴の出力も行え、Googleマップ上と連動させるほか、GPSログ対応のソフトに出力することも可能となっている。


tm_20120413_castrade01.jpgtm_20120413_castrade02.jpg

「CJ-DR450」
製品ジャンルドライブレコーダー
撮像素子30万画素CMOSセンサー
撮影画角120度
録画解像度640×480ドット
音声入力内蔵マイク
記録メディアSD(〜32GB)
電源DC12V/24V(バックアップキャパシター内蔵)
サイズ55W×32H×120Dmm
発売日2012年4月18日発売予定
価格オープンプライス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう