ニュース
» 2012年04月17日 16時22分 UPDATE

机の上に登呂遺跡 登呂博物館からペーパーキット

住居や登呂人、稲、土器、木器など、登呂遺跡を100分の1スケールで作るペーパーキットが発売される。

[ITmedia]

 静岡市立登呂博物館のミュージアムショップとテラダモケイは4月28日、登呂遺跡のペーパーキット「1/100建築模型用添景セット スペシャルエディション 国指定特別史跡 登呂遺跡編」を発売する。価格は1575円。

ah_mokei.jpg

 登呂博物館監修で、約2000年前の登呂遺跡を100分の1スケールでキット化。パーツを台紙から切り離して折り曲げるだけで組み立てられる。住居のほか登呂人、稲、土器、木器などのパーツもあり、当時の農村の生活を再現できる。

 タミヤとコラボした専用塗料「タミヤカラー 水溶性アクリル塗料登呂遺跡シリーズ」(924円)も同時発売され、塗装によってよりリアルな仕上がりになるという。

関連キーワード

博物館 | ペーパークラフト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう