ニュース
» 2012年04月17日 19時40分 UPDATE

ブラザー、シースルー型ヘッドマウントディスプレイ「「WD-100G」を6月発売

PCに接続してシースルーで使えるヘッドマウントディスプレイがブラザーから発売される。

[ITmedia]

 ブラザー販売は、シースルー型ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter(エアスカウター)」の新製品として、PC接続対応の「WD-100G(裸眼者用モデル)/ WD-100A(眼鏡者用モデル)」を6月より発売する。

 AiRScouterは、昨秋より専用端末向けモデルが販売されており、今回発売となる「WD-100G」はPC接続対応となった新モデル。PCとは専用コントロールボックスとUSBで接続する仕組みで、PCを無線LAN等でインターネットに接続することで、遠隔作業時にPCへ画像データを送信。シースルーのディスプレイで画面と現場の状況の両方を確認しながら作業することができるようになる。ディスプレイ部分は、約30cmから約10mの範囲で画面の表示位置が調節可能で、USBカメラやBluetoothヘッドセットと組み合わせることで、現場状況やオペレーターとやりとりしながら遠隔作業の指示を受ける、といった使い方もできる。 価格はオープンプライスで、同社では業務向けの販売を予定している。また、4月25日には「ブラザー東京ショールーム」(東京都中央区京橋3-3-8)で導入企業向けの無料体験会も実施される(午前11時〜午後5時30分)。


tm_20120417_brother01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう