ニュース
» 2012年04月25日 18時14分 UPDATE

スマホ向け「Ameba」がプラットフォーム化し、FacebookやTwitterのアカウント利用可能に

サイバーエージェントはスマホ向け「Ameba」のゲームAPIを6月上旬よりオープン化すると発表。他サービスIDとも連携し、合計31タイトルのゲームが提供される。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは4月25日、6月上旬にスマートフォン向けサービス「Ameba」をコミュニティプラットフォームとしてリニューアルし、ゲームAPIをオープン化すると発表した。

 その後は、開発パートナー11社からの21タイトルと自社開発10タイトルの合計31タイトルのゲームが提供される。これに伴い、FacebookやTwitterなどの他のサービスIDと連携することで、「Ameba」に会員登録しなくてもサービスを利用することができるようになる。年内1000万会員を目指すとして目標に弾みをつけたいとしている。

 予定されているゲームタイトルは、gloops「大連携!!オーディンバトル」やクルーズ「神魔×継承!ラグナブレイク」、CyberX「みんなのバータウン」、サムザップ「戦国SAGA」や「海賊クルーズ」、ジークレスト「ワンダーストーリー」、ジー・モード「片翼のクロノスギア」など。ほかにも芸者東京エンターテインメントやシーエー・モバイル、タイト−なども提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう