ニュース
» 2012年05月10日 20時41分 UPDATE

JVCケンウッド、インナーイヤーヘッドフォン3機種を6月上旬より順次発売

新構造「ダイレクトトップマウント」とカーボンナノチューブによる軽量振動板を採用し、迫力あるサウンドとと緻密な再生を実現したモデルが登場。スマートフォン用のリモコン付きモデルもラインアップされる。

[ITmedia]
tm_20120510_jvc01.jpg 「HA‐FXD80」

 JVCケンウッドは、インナーイヤーヘッドフォン「HA‐FXD80/FXD70/FXD60」を6月上旬に、スマートフォン向けインナーイヤーヘッドフォン「HA‐FRD60」を7月上旬にそれぞれ発売する。

 今回発売となる4モデルは、いずれも専用設計エンクロージャーにドライバーユニットを直接固定した「ダイレクトトップマウント構造」を採用。ドライバーに搭載される新開発の軽量・高剛性の「カーボンナノチューブ振動板搭載マイクロHDユニット」とあわせ、迫力と高い解像度・緻密な再生を実現している。コードには手が触れた際のノイズを防ぐため制振効果の高いゴム系素材を使用し、独自のブッシング形状となっている。「HA‐FXD80」はデュアルシリンダー構造ステンレスエンクロージャー、「HA‐FXD70」にはステンレスエンクロージャーがそれぞれ搭載される。また、「HA‐FRD60」はコードにリモコンが搭載されたモデルで、リモコンはL型4極ステレオミニプラグ対応のスマートフォン等で使用可能となっている。

 各モデルには、S・M・Lのイヤーピース3サイズとクリップ、キャリングポーチ、コードキーパーが付属しており、価格はいずれもオープンプライス。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう