新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年05月15日 20時40分 UPDATE

崑崙日本、ブラウザシミュレーションRPG「三国志絵巻〜Dragon Soul〜」の日本向け独占パブリッシング契約を締結

三国志を舞台にした中国発ブラウザシミュレーションRPG「三国志絵巻〜Dragon Soul〜」が日本に上陸。6月サービス開始に向け準備が進められている。

[ITmedia]
tm_20120515_sangokushiemaki02.jpg

 崑崙日本は、中国・広州九娯網絡科技が開発するブラウザシミュレーションRPG「三国志絵巻〜Dragon Soul〜」について、日本向け独占パブリッシング契約を締結したと発表した。

 「三国志絵巻〜Dragon Soul〜」は、RPGのシナリオで三国志のストーリーを忠実に再現し、さらに戦略シミュレーション要素も盛り込んだタイトルとなっており、「ドラゴンソウル」システムや、すごろくクエスト、武将登用ジャンケン対決など、独自の機能も盛り込まれている。ゲームの舞台となるのは、後漢時代末期の中国大陸で、プレイヤーは当時権勢をふるった逆賊・董卓討伐の諸侯軍の一人として三国時代の戦いへと挑んでいく。

 なお、同社では「三国志絵巻〜Dragon Soul〜」6月をめどに日本国内向けサービス開始の準備を進めている。


tm_20120515_sangokushiemaki01.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事