ニュース
» 2012年05月16日 09時42分 UPDATE

となりの便利道具:雨の日も子供と楽しく遊べる! 電光掲示板、実況音声付、エポック社の野球盤

雨の日くらい「自宅でゆっくりしたい」なんて思っていても、こどもは元気いっぱいだったりする。そんなとき大活躍しそうなおすすめアイテムが「野球盤」です!

[種子島健吉,ITmedia]

電光掲示板が光り、実況が鳴り、打球が弧を描く!

 連休が終わって「週末はしばらく家でゆっくりでいいや……」っと大人は思っていても、子供は元気いっぱいだったりするもの。それに雨でも降って「家で遊びなさい」なんていうと、ずーっとテレビの前に張り付いているなんてことになりかねません。そんなときにおすすめしたいのが、この昔ならではの「野球盤」。昔ならではといっても、最新の「野球盤ドクターケイ V.S. ダブルスラッガー」では得点が電光掲示板に表示され、「プレイボール!」と実況音声が鳴り、打球が転がるだけでなく立体的に飛ぶんです。

 「野球盤」はいつのまにこんなに進歩したんでしょうか。かつて野茂選手も「ドクターK」と呼ばれていたそうですが、そんな偉大な投手を表す「ドクターK」を冠する「野球盤ドクターケイ V.S. ダブルスラッガー」はメーカーとしても現状究極の自信作だそうです。ちなみに「ダブルスラッガー」は、左右の立体人形打者「ダブルスラッガー」が付属するところからきています。究極のピッチャーとバッターの対決というわけですね。

画像 エポック社「野球盤」の最上位製品「野球盤ドクターケイ V.S. ダブルスラッガー」。メーカー希望小売価格7329円。下位製品との違いは、電光掲示板、実況音声、左右の立体人形バッターの有無などなど。打球もゴロだけでなく、立体的に飛ぶ

画像 打球が立体的に飛ぶ秘密がコレ。ゴムをはずすと、プラスティックバットに斜めの切り込みがあるのが分かる

ピッチャー(娘)、バッター(筆者)による打球が弧を描いて飛ぶところのデモ。ある程度スピードのあるボールにタイミングが合えば、打球はゴロにならずちゃんと飛んでいく。娘に無理矢理協力させているのではなく、嬉嬉として投球しているのが笑い声からお分かりいただけるだろう

「これはぜひ青空をバックに!」と撮影してみたところ、斜めになってしまった。さらにどうも曇りがちな天候で青空というより白空になってしまったというザンネンな結果に。しかし、実況音声は野球中継で実況しているアナウンサーの松本ひでお氏なのでホンモノだ

老若男女、野球を知らなくても楽しめる!

 意外だったのが、野球をしない&プロ野球放送にも興味を示さない保育園児の娘とプレイしてみたところ大好きになり「野球盤やりたい!」と、毎日言うようになったことです。彼女は野球のルールを知らないもんですから、ひたすら投げ続けて筆者が打つ、それに飽きたら今度は交代してひたすら打ち続け筆者が投げる、その間に適当に電光掲示板表示用のボタンを押すというのをエンドレスで繰り返すという……。筆者もさすがに閉口ものだったのですが、娘はニコニコと楽しんでおりました。

画像 晴れた日には青空の元、野球盤で遊ぶのもオツなもの

関連キーワード

野球盤 | エポック社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう