ニュース
» 2012年05月22日 20時50分 UPDATE

HDDのデータを守る――オリエントコンピュータ、暗号化USBアダプターと磁気データ消去マシン2機種を発売

オリエントコンピュータは暗号化USBアダプター「Cipher USB」および卓上型磁気データ消去マシン「HC2300SPN」と「HC2400SP」を発売した。

[ITmedia]
tm_2012522_orientcomputer01.jpg

USBメモリーだけでなく外付けHDDでも使える暗号化アダプター「Cipher USB」

 「Cipher USB」は、USBメディアに取り付けて使用する暗号化キーで、USBメモリーのほかUSB接続のHDDやFDDなどでも使用できる。メディアの使用前にWindows XP/Vista/7搭載PCに「Cipher USB」を取り付けてフォーマットすることにより、以降読み書きするデータがAES256方式で暗号化される仕組みで、通常に接続した場合はデータの読み書きができなくなる。また、USB給電で動作するため別途電源も不要となっている。同社直販サイト「オリエントコンピュータストア」での販売価格は1万2390円。

tm_2012522_orientcomputer02.jpg

厚型HDDでも0.1秒で完全消去する「HC2300SPN」「HC2400SP」

 「HC2300SPN」「HC2400SP」は、高磁界を発生することでHDDなどのデータを消去する装置で、約0.1秒でデータを消去できる。9000エルステッドモデルの「HC2300SPN」は厚さ30mm、10000エルステッドモデルの「HC2400SP」は厚さ45mmまでのHDDまで対応しており、サーバー用の厚型HDDにも利用可能。また、磁気防止シールドにより装置外部への磁界漏れを防いでいるほか、持ち運びやすいよう取手が取り付けられている。なお、両製品は「オリエントコンピュータストア」での販売は行われてないため、購入方法等の詳細は同社サイトのフォームより問い合わせのこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう