ニュース
» 2012年05月30日 19時36分 UPDATE

ナニコレ:「テオ・ヤンセン」のアレをレゴで再現! LEGO CUUSOOで商品化なるか

ガシャガシャでワシャワシャなアレがレゴに。再現度すげぇ!

[ITmedia]

 一般ユーザーから製品化のアイデアを募り、一定数のサポーターが集まったものについては製品化を検討する「LEGO CUUSOO」で、あのテオ・ヤンセンの「Rhinoceros(リノセロス)」をレゴで再現するプロジェクトが動き始めました。

 テオ・ヤンセンと言えば、ストランドビースト(オランダ語で「砂浜動物」という意味)と呼ばれる「人工生物」を次々と生み出すアーティストとして有名。「リノセロス」は氏の代表作とも言えるものです。

画像 こちらが本家リノセロスとテオ・ヤンセン氏

画像 そしてこちらがレゴ版。再現度高っけえ!

 オランダの工業デザイナーが立ち上げたプロジェクトで、レゴ版では本家「リノセロス」の複雑な機構をほぼ完全に再現。もちろんモーターなどの動力を必要とせず、風だけでちゃんと駆動する模様。オマケで小さなテオ・ヤンセン本人もちゃんと付属しています。

 現時点ではまだまだサポーター数は少なく、商品化までの道のりは遠そうですが、テオ・ヤンセン好きとしてはぜひ実現してほしいところ。実際に動いている動画を見れば、きっと欲しくなること間違いなしです!



 ちなみにホンモノの「リノセロス」が動いている様子はこんな感じ。上の動画と見比べると、再現度の高さがよくわかります。

 さあさあ、どうですか? ちょっと欲しくなってきませんか!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう