ニュース
» 2012年06月06日 03時29分 UPDATE

E3 2012:【速報】任天堂キャラ集合のテーマパーク「ニンテンドーランド」 Wii Uローンチと同時に

任天堂ファン待望のテーマパークがオープンする。といっても、Wii U向けのゲームとしてだ。

[ITmedia]

 6月6日(日本時間)深夜に行われた「E3 2012」のプレスカンファレンスにおいて、任天堂はWii U向けの完全新作タイトル「ニンテンドーランド」を発表した。発売日は2012年末、Wii U本体のローンチと同時リリース予定。

画像

画像

画像

 テーマパーク内には「ゼルダの伝説」「どうぶつの森」「ルイージマンション」「ドンキーコング」など、任天堂の人気ゲームをモチーフとした12種類のアトラクションが存在。プレイヤーはMiiとなってその中に遊びに行く形となる。Miiverseにより、世界中のユーザーがテーマパーク内に遊びに来ているような感覚が味わえる。

 開発者として登壇したのは、「どうぶつの森」や「Wiiスポーツ」などを手がけてきた任天堂の江口勝也氏。本作では「Wii Uゲームパッドを使った新しい遊びの提案」、「家族や友達と遊ぶことで楽しさが最大化されるが、1人でもちゃんと楽しさを提供できること」、そして「世界中からお客さんが来てくれて、それを実際に感じられること」の3つを目標に掲げ開発を行ってきたという。

画像

画像

画像

 それぞれのアトラクションはミニゲーム形式になっており、ゲーム内容的には「Wii Sports」や「はじめてのWii」などに近い印象。加えて本作では「Wii Uゲームパッドを持っている人」と、「Wiiリモコンで参加する人」とで明確に役割を分けることで、あえて「非対称なゲームプレイ」にこだわった。Wii Uゲームパッドを持っているユーザーは自然に、他のプレイヤーとは違う視点/違う情報/違う役割を持つことになる。Wii Uゲームパッドという新しいデバイスを持つ、Wii Uならではのパーティプレイに期待したい。

画像

画像 カンファレンス後には、岩田社長によるゲーム紹介映像も。サングラスをかけたり、ゾンビになったりとお茶目な一面も見せた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう