新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年06月06日 11時15分 UPDATE

自分がどのくらい熟睡してるか知ってますか? オムロン睡眠計「HS-101」で測ってみた (1/2)

自分がどのくらいちゃんと眠っているのか、把握している人はどのくらいいるだろうか。オムロン睡眠計「HS-101」で実際に睡眠を計測してみた。

[佐々木千之,ITmedia]

 「人生の3分の1は睡眠」などとよく言われるが、NHKが2010年に行った生活時間調査によると、平日の平均が7時間14分、土曜7時間37分、日曜7時間59分でそれぞれ15年前の同調査よりも13〜19分短くなっている。もし読者のあなたがIT・通信、マスコミ、飲食、金融、運輸、メーカー業界に属しているなら、これを「結構長い」と感じるかもしれない。2011年のSAS(睡眠時無呼吸症候群)広報委員会の調査によると、これらの業種のビジネスパーソンの平均睡眠時間は軒並み6時間を切っている(Biz誠「業界別の睡眠不足ランキング――1位は?」)。

 このSAS広報委員会の調査では単なる睡眠時間だけでなく、熟睡できていると思うかと尋ねており、業種にもよるが5〜6割が「熟睡できている」と答えている。一方で「仕事中に思わず眠ってしまったことがあるか」という問いにはIT・通信、飲食、メーカー、マスコミのビジネスパーソンの約6割が「ある(頻繁+たまに)」と答えている。

 これらの調査で気になるのは、毎日決まった時間に寝て起きるという生活の方以外では、自分の睡眠時間をあいまいにしか把握していないのだろうということ。毎日の就寝・起床時間をまめに記録している人はかなり少ないのではなかろうか。

 かくいう私も、IT系の雑誌編集者をスタートにWebニュース編集者を長く続けてきたが、就寝・起床時間はめちゃめちゃで時間もばらつきが大きく、健康診断などでお医者さんに「どのくらい寝てますか?」と聞かれても、「短いです」くらいしか答えようがなかった。昨年会社を辞めてフリーランスになってからは、以前ほどではなくなったものの、やはり睡眠時間は安定せず、時間的には寝ているはずなのに疲れが取れないと感じることもある。だんだん年齢も高くなってきて、健康を害すると収入に直結するし、家族からは「寝ているとき苦しそうなんだけど」と言われるしで、寝付きで困ることはないものの、自分がちゃんと睡眠しているのかとても気になっていた。

体重計のように簡単に睡眠が数字で見える「睡眠計」

ah_OMRONHSL101_hontai.jpg 「睡眠計 HSL-101」本体。サイズは270×130×100ミリ、重さは約420グラム。ACアダプターとUSBケーブルが付属する。正面のOMRONロゴあたりに移動体検知センサーを内蔵している

 寝ているときは当然ながら意識がないので、睡眠を「計る」ことが難しい。体重計のように簡単に計れればいいのにと思っていたところに、オムロン ヘルスケアが5月10日に発売した「睡眠計 HSL-101」(以下HSL-101)を借りて試してみる機会を得た。

 睡眠時間を計る装置やサービスはこれまでにもいくつかあり、たいていは体に直接計測装置を付けるか、布団の下にセンサーを置いたりするものだ。それぞれに長所があるのだが、装置を付けたり外したりするのはわずらわしいし、布団の下にセンサーを置くタイプは、和室に布団を敷いて寝ている私のような場合にはセットしたり片付けたりが面倒だった。

 その点、このHSL-101は寝ている布団/ベッドのそばに自分に向けて置くだけで睡眠時間を記録してくれるシンプルな使い勝手がいい。しかも、オムロン ヘルスケアが運用している健康管理サービス「ウェルネスリンク」にユーザー登録(無料)してHSL-101のデータを送ると、1日の眠りの詳細を睡眠中の体の動きから3段階の「ぐっすりレベル」でグラフ表示したり、14日間以上記録すると眠りの傾向を分析し、リポートしたりしてくれる。

 今回はHSL-101を2週間ほど借りて、睡眠記録を取ってみた。HSL-101は、10.5GHz帯の微弱電波を使った移動体検知センサーによって、寝返りや呼吸による胸の動きを検知し、眠っている(動きが少ない)のか起きている(動きが多い)のかを判定する仕組み。このセンサーは大地震などの災害救助現場で使われている技術を応用したものだそうだ。自分が寝ている状態で、胸にHSL-101の正面を向け、50〜100センチの距離になるよう設置する。正しく設置されているかをテストして確認できるモードもあるので安心だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事