ニュース
» 2012年06月08日 14時35分 UPDATE

移築可能なモバイルキットハウス

すべての材料がワンボックスカーの荷台に収まるサイズで、組み立てると3人が寝られる――「ZERO POD」は移築可能なモバイルキットハウスだ。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 DCWが提案するZERO PODは分解や移築可能なモバイルキットハウスです。

この製品は一言でいうとモバイルキットハウスと私たちは呼んでいます。持ち運びができて、分解、組み立てができて、その場で住宅になります。使用後は分解して車に積んで持ち帰ることができる製品です。特徴としては基礎工事がいらないという点です。こちらの模型はフロートが付いていますが、実際にここに展示している本体のように足2本で建っていますので基礎がいりません。

 ZERO PODは高さの調節が可能であり、基礎工事が困難な、かなりの傾斜地にも設置することができます。

女性2人で約半日で組み上がります。片付けるときはこのアンカーを抜くのが少し大変ですが、それでも一日ぐらいでできます。ワンボックスカーの荷台に全部の材料が納まります。一番大きな部品が1800mmぐらいでから、1800mmの長尺が乗る車であれば運ぶことができます。"

 ZERO PODは躯体に加わる加重を厳密に設定し無駄の無い構造設計になっています。また組み立ての簡略化や持ち運び時の重量を軽減させるようなフレーム構成となっています。

中には3人が寝ることができます。通常はソファーになっているものをベットにすることで2人が就寝することができます。ソファーの背もたれの部分を2階部分に上げるともう一人が寝ることができます。

 DCWでは価格を現在検討しています。ZERO PODはユニット化して広げることが可能なため、ホテルのアネックス設備としての利用なども考えています。

Copyright(c) 2017 Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう