新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年06月14日 18時42分 UPDATE

ナニコレ:「桃鉄」がボードゲームで復活 キングボンビーももちろん再現!

あの「桃鉄」がボードゲームに。サイコロやカードなどアナログな要素にこだわった。

[ITmedia]

 あの「桃太郎電鉄」が久々に復活する。しかも今度の新作は、「桃鉄」の原点に戻ったアナログボードゲームだ。

 タイトルは「桃太郎電鉄ボードゲーム『大どんでん返しの巻』」。「桃鉄」シリーズの生みの親であるさくまあきら氏が制作総指揮を務め、タカラトミーアーツが商品化した。開発現場では「マイファースト桃鉄」と呼ばれていたそう。

画像 桃太郎電鉄ボードゲーム「大どんでん返しの巻」

 鉄道会社の社長となり、サイコロを振って目的地を目指しながら日本全国を旅するという「桃鉄」のコンセプトはそのままに、サイコロやカードなどアナログな要素に徹底的にこだわり、ゲームソフトではない「新しい桃鉄」を完成させた。もちろん「キングボンビー」や「スリの銀次」などおなじみのキャラクターも登場。複数のサイコロを回すギミックや、金額の決定などのランダムイベントは新開発の「トレイン・ルーレット」で再現した。

 ボードの表面は「日本編」、裏面は「世界編」になっており、1枚のボードで2度おいしい仕様。プレイ人数は2〜6人となっており、家族や友達で集まって遊べば盛り上がりそうだ。

画像 カードの種類は100種類以上

画像 機関車型のコマ

画像 トレイン・ルーレット

 惜しまれつつもシリーズ終了となってしまった「桃鉄」が、まさかこんな形で、しかも原点とも言えるアナログボードゲームとして復活してくれるとは嬉しいかぎり。価格は3990円で、7月26日より全国の玩具売り場などで販売される予定だ。

(C)Konami Digital Entertainment (C)さくまあきら (C)土居孝幸

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事