ニュース
» 2012年06月15日 20時54分 UPDATE

あの「女性たちの格闘技」がついにゲーム化――ユークス、ランジェリー・フットボール・リーグ「LFL」のゲーム化権を獲得

「WWE」「UFC」と格闘技ゲームでヒットを飛ばすユークスが次に手がけるのは、今アメリカで人気沸騰中のランジェリー・フットボールだった!

[ITmedia]
tm_2012601_lfl01.jpg

 ユークスは、アメリカのランジェリー・フットボール・リーグ「LFL」よりゲーム化権のライセンスを取得したと発表した。

 ランジェリー・フットボールは、女性による7人制インドアアメリカンフットボールで、ヘルメットやショルダーパッドの下にガーター、スポーツブラ、パンティを着用してプレイするのが特徴となっている。そのリーグ「LFL」は2009年より活動を開始しており、現在12チームによるリーグが行われ、アメリカのほか世界各国でテレビ中継が行われている(日本ではWOWOWが放映中)。同社では、今回のゲーム化権取得にあたり、「LFL」のチェアマン、ミッチェル・S・モータザ氏の以下コメントも発表している。

「LFL」チェアマン、ミッチェル・S・モータザ氏によるコメント

今回の発表は、主要なスポーツとエンタテインメントのブランドであるLFLにとって、団体の設立時と同じくらい、重要な瞬間のひとつです。テレビゲームにおいて数多くの記録をもつユークスのような優れたパートナーと組めたということは、LFLに興奮と勢いを与えてくれるもので、大きな意味があります。


 なお、ゲームの詳細な内容および発売日などについては、決定次第発表される予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう