ニュース
» 2012年06月18日 20時53分 UPDATE

30分1万円は高い? 安い? プロも太鼓判を押す「バーチャルサーキット」でタマヒュン体験してきた

東京のド真ん中にオープンした「バーチャルサーキット」がなんかスゴいらしいので体験してきました。

[池谷勇人,ITmedia]

 東京・赤坂にオープンした「東京バーチャルサーキット」が注目を集めている。料金は30分で1万円と決して安くはないが、それでも連日の利用客でほぼ予約は埋まっているという。

 バーチャルサーキットの正体は、日本初上陸、世界にもまだ5台しか存在しないという本格レーシングシミュレーターだ。180度の巨大スクリーンを備え、ハンドルやアクセル、ブレーキといった操作系も実車に限りなく近いものを採用。マシンの挙動は物理エンジンによって演算され、実車と変わらない走行感覚が味わえる。

画像画像 Base Performance Simulators社のシミュレーターを採用


 30分1万円という料金をどう見るかは人それぞれだが、元プロドライバーで、同サーキットの「塾長」を務める砂子智彦氏は「実際に体験してもらえば、決して高い価格ではないということが分かってもらえるはずです」と太鼓判を押す。

 近ごろはゲームでも「Forza」や「グランツーリスモ」など、リアルな挙動をウリにしたものが主流だが、「東京バーチャルサーキット」が目指すのはさらに一段上のリアルさだ。「楽しむためのものではなく、ガチでうまくなりたい人がトレーニングに使うもの」と砂子塾長。

「ゲームは練習すれば誰でも速くなれるかもしれない。でもこのシミュレーターで速いのは、やっぱりプロのレースドライバーなんです。そこが一番の違い」(砂子塾長)

画像画像 レッスンを担当する砂子塾長。走行後はドライビングデータを見ながら、どう走ればいいかを直接レクチャーしてもらうことができる

 そこまで言うのなら、と筆者も試乗させてもらった。コックピットに乗り込むと、思ったよりもずっと狭い。シミュレーターが起動し、目の前にサーキットの映像が映し出されると、思わず「うおっ」と身構えてしまった。

 おそるおそるアクセルを踏むと、ゆっくりと視界が後ろに流れていく。シミュレーターだと分かっているのに、アクセルを踏み込むのが怖い! 自動車教習所で、はじめてホンモノの車を運転した時のような感覚。ハンドルから伝わる反発もリアルで、しっかり握っていないと腕が振り回されそうになる。

 30分ほど走らせてもらったが、気づけば汗びっしょり。事前に「着替えのTシャツを持ってきた方がいいですよ」と言われた意味がようやく分かった。ついでに翌日は両腕がパンパンになっていてビックリした。

画像画像 グローブは原則持参だがレンタルも可。スクリーンで視界が完全に覆われるため、まるで本当にサーキットの中にいるような気分

 このリアルな「疲れ」は、確かにゲームでは味わえないかもしれない。オーバースピードでコーナーに突っ込んだ時は「うわっ」と思わず目をつむってしまったし、ミスってスピンしてしまった時は本気で悔しかった。反面、ラップタイムを縮めていくのが楽しくて、いくら走っていても飽きない。これがモータースポーツの楽しさなのか! と目から鱗が落ちた。

 砂子塾長は「楽しむためのものではない」と言っていたが、同時にこうも言う。「でも結局、一番面白いのは本物なんです」。

画像画像 猛スピードで迫ってくるコーナーに思わずタマヒュン! リアルすぎてつい必要以上にブレーキを踏んでしまう

 利用者はプロからアマチュアまで幅広い。実車での走行前にシミュレーターで練習していくという人、まだ実車でサーキットを走ったことはないけれど、興味はあるという人――。レースゲームが好きで、一度本格的なシミュレーターで走ってみたかった、という人も多いそうだ。

 通常のトレーニングコースは30分1万円だが、初めて体験する人向けの「体験コース」なら30分5000円(内容は富士スピードウェイ7周)。

「モータースポーツはどうしても敷居が高いと思われがち。シミュレーターなら初心者でも気軽に体験できますし、もっと多くの人に楽しさを知ってほしい」(砂子塾長)

 日本では前例のないバーチャルサーキットだが、利用者はほぼ例外なく「汗だくになりながらも、大興奮して帰っていきます」という。モータースポーツに少しでも興味があるのなら、一度体験してみて損はない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!