ニュース
» 2012年06月22日 16時40分 UPDATE

グリー、DeNAなど6社、ソーシャルゲーム利用環境向上のための協議会設立へ

グリーやディー・エヌ・エーなどソーシャルゲームプラットフォーム6社が、「ソーシャルゲーム利用環境整備協議会(仮称)」設立に向けた準備委員会を発足した。

[ITmedia]

 NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、ドワンゴ、ミクシィで構成されるソーシャルゲームプラットフォーム連絡協議会は6月22日、「ソーシャルゲーム利用環境整備協議会(仮称)」設立に向けた準備委員会を発足した。

 ソーシャルゲーム利用者が安心して利用できる環境の向上を目指し、関連事業者による自主規制の強化、青少年に対する情報モラルの啓発活動などを目的とする。既に6社による連絡協議会はあるが、新たな協議会は参加者を拡大し、有識者、学識経験者、消費者団体、ゲーム提供会社、プラットフォーム運営会社などにも参加してもらう。

 活動内容は準備委員会での審議を経た上で決定する。当面はガイドラインなどの策定や、ガイドライン順守状況を確認する手法の開発、アイテム出現確率表示など利用者の合理的選択に資する方法や高額利用問題への対応策の検討、相談窓口の整備、リアルマネートレード対策の検討、青少年への情報モラル啓発活動などを行う。

 準備委員会は一橋大学の堀部政男名誉教授が座長を務め、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の奥出直人教授、英知法律事務所パートナーの弁護士の森亮二氏、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)担当理事の和田洋一氏などが参加する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう