ニュース
» 2012年07月03日 20時48分 UPDATE

PCが苦手でも大丈夫!――エクセリーベ、タブレットPCを活用した高齢者向け見守り+対話サービス「見守りん」を7月3日より開始

専門のカウンセラーが、タブレットPC越しにお年寄りを見守ってくれるサービスがスタート。キーボードやマウスの操作なしでコミュニケーションがとれるので、PCが苦手な人もこれで安心!

[ITmedia]

 エクセリーベは、タブレットPCを利用した高齢者の孤立化防止に向けたオンライン見守り+対話サービス「見守りん」を7月3日より提供開始する。

 「見守りん」は、メンタルヘルスを専門に手がける同社が、タブレットPCと臨床心理士など専門カウンセラーによるコミュニケーションサービスを組み合わせて提供するもの。サービスを申し込むことで、専門のカウンセラーが指定日にタブレットPCへテレビ電話でコールしてくれる「見守りTV電話コール」、月合計2時間の対話サービス「茶飲みTV電話トーク」を受けることができる。また、カウンセラーがサービス中に気づいた健康・メンタルの変化については、親族など指定した人にも報告される。また、「医療情報シート」を共有管理し、ご自宅に保管。サービス利用者のかかりつけ医や服薬状況などが記録されているため、万が一の緊急時にも救急隊員等が情報確認できる(※)。

 利用料金は初期設定費用が3万1500円、月額9975円となっており、当初は東京23区内よりサービス提供を開始し、順次他地方へ拡大する予定となっている。また、9月17日(敬老の日)までは初期設定費用が1万5750円となるキャンペーンも実施される。

※掲載当初、一部事実と異なる記述がありました。7月5日の時点で修正しております。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう