ニュース
» 2012年07月11日 14時29分 UPDATE

なんかかわいい モディーが1人乗りEVマイクロコンパクトカーを開発

東北・岩手の被災企業が復興のシンボルをめざし、1人乗りEVマイクロコンパクトカーが開発された。

[ITmedia]

 最小限のボディーサイズで、組立式のEVマイクロコンパクトカー「PIUS(ピウス)」を車両の試作・モデル製作を行うモディーが開発した。

 東日本大震災の被害を受け、業務ができなくなる中、開発にこぎつけたクルマで、「東北の復興を目指し、長年の自動車・航空機・船舶における、一貫開発・生産技術を活かし、被災後の『人との絆』や『支援に対する感謝』を伝えるため開発した」と、村上竜也代表取締役社長。

 「PIUS」は、EVカーの基本機能をシンプルに構成しており、EVカーとしての基礎構造を理解しやすくなっているのが特徴。当面は、大学や工業高等専門学校、高校または、自動車専門学校などの教育機関などにおいて、電気自動車としての機能、構造と自動車の基本構造を習得する教材としての活用を目指している。1回の充電での走行距離は25キロ、最高速度は35キロを達成している。

画像

画像

画像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう