ニュース
» 2012年07月12日 20時41分 UPDATE

4つのテストで認知症の早期発見!――シグナルトーク、認知機能をチェックできるWebサービス「脳測」を7月12日開始

早期発見が鍵といわれる認知症かどうかを、ブラウザから手軽にチェックできるサービスがスタート。8月14日までは無料サービス期間として、登録だけで無料体験も可能となっている。

[ITmedia]

 シグナルトークは、ブラウザ上で認知機能をチェック・管理できるWebサービス「脳測(のうそく)」を7月12日より開始する。

 「脳測」は、ブラウザ上から4種類のテストを実施し、その結果を数値化して認知機能を判定するもので、それぞれのテストおよび測定する認知機能は以下のとおりとなっている。

テスト名テスト内容チェックする認知機能
フラッシュライト点燈する順番を記憶して答えるワーキングメモリ
ルート99ゴールまでの経路を正しく結ぶ遂行機能をチェック
視覚探索数字や文字の順を早く結び付ける注意力
ストーリー物語を読み、質問に答えるエピソード記憶

 なお、8月14日までの期間は無料サービスとしてユーザー登録のみで無料体験することが可能で、以降は月額1050円または測定1回につき1575円の料金を予定している。


tm_20120712_nousoku01.jpgtm_20120712_nousoku02.jpgtm_20120712_nousoku03.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう