ニュース
» 2012年07月13日 14時17分 UPDATE

となりの便利道具:材料を入れて電子レンジだけで調理が可能、マイヤーの電子レンジ圧力鍋

圧力鍋が便利なのは知ってはいるけど、毎日使うものでもないのに置き場所に困る。忙しくて料理している暇もないし……。そんなアナタにおすすめなのが、電子レンジ圧力鍋なんです。

[種子島健吉,ITmedia]

コンパクトかつ、火の見張りも不要

 圧力鍋……実家のオフクロは使っていて便利だと言ってたけど、筆者はついぞ使ったことがありません。だって大きくてしまうところもないし、毎日使うものではないじゃないですか。それにここのところ、料理らしい料理なんてしたことないし。あ、でも、この電子レンジ圧力鍋なら小鍋程度の大きさだし、鍋を火にかけているのにうっかりガスコンロの前を離れてしまい大惨事なんてことになりかねない、注意力散漫な徹夜明けの筆者でも安心です。電子レンジだけで調理できますから。

画像 マイヤーの電子レンジ圧力鍋。サイズはW26xD22xH12.5センチメートル。満水容量2.3リットル。販売価格5250円。カラーは左からレッド、ピンク、ベージュ

肉じゃがに挑戦

 まずは日本の食卓では定番中の定番おかず、肉じゃが(2人分)に挑戦です。皮付きポテトを作ってそれに牛肉、玉ねぎ、にんじん、塩こしょう、酒、みりん、醤油を加えて加熱するという調理方法です。もちろん使うのは電子レンジと電子レンジ圧力鍋のみ、特記していない場合、時間は電子レンジの場合の目安です。

画像 まずは皮付きポテトを作る。洗ったじゃがいもと水を入れ電子レンジで6分間加熱後、そのまま1分間待てば(余熱すれば)完成だ

画像 加熱後はこの青いゴムパーツに注目。これが浮いた状態だと圧力がかかっている証拠なので、冷めるのを待ってからフタを開く。フタは反時計まわり45度回転させることで開き、時計まわりで閉じる。シリコンなど柔軟な素材ではなく、硬度の高いポリプロピレン(プラスチック)製なので圧力がかかったとき壊れそうだというような不安は一切ない

画像 皮付きポテト完成。このままバターをつけて夜食にでもしてしまいたいところだが、今回は肉じゃがの材料である

画像 塩こしょうに酒を少々まぶした牛肉、玉ねぎ、にんじん、酒とみりんと醤油それぞれ大さじ一杯を混ぜたものを用意

画像 牛肉、玉ねぎ、にんじんを投入してざっと混ぜ、フタをしたら電子レンジで4分間加熱する

画像 皮付きポテトの皮をむいて縦横半分に切っておいたものを加えてざっと混ぜ、フタをしてさらに電子レンジで2分間加熱する

画像 電子レンジの加熱時間は、皮付きポテト完成までに6分間、肉じゃが完成までに6分間の合計12分間で調理終了。もちろん材料を洗ったり切ったりする時間は必要だが、鍋の前で見張っている時間がないので気軽に調理できた。1000Wの電子レンジを使った場合は、5分30秒と4分間になり合計9分30秒が目安の時間になる

豚の角煮に挑戦

 料理なぞここ半年していなかった筆者でもちゃんと肉じゃがができるじゃありませんか! ということが分かったところで、次は普通の鍋で調理したらいったい何時間かかるんだ! というアノ料理、豚の角煮に挑戦です。ただ、調理しながら撮影するというのはなかなか難儀ということで(生肉に触れた手でそのままデジカメで撮影というわけにもいかず)、豚の角煮はカミサン調理、筆者はアシスタント兼カメラマンで分業しました。

画像 豚の角煮(2人分)の材料。豚ばら肉(かたまり)400グラム、しょうゆ100ミリリットル、水カップ1、酒50ミリリットル、にんにく4かけ、しょうが2かけ、砂糖小さじ2、長ねぎの青い部分1本分。レシピには付け合わせのチンゲン菜もあったのだが、我が家になかったため省略

画像画像 常温に戻し塩こしょうした豚ばら肉、水、酒、にんにく、しょうが、砂糖、長ねぎを投入。フタを閉め電子レンジで7分間加熱する

画像画像 フタを開けて醤油を加えたら、さらに電子レンジで4分間加熱する。7分間加熱するとさすがに熱くなったため、鍋つかみを使用している。そして豚の角煮完成。フタを開けると食欲をそそる香りが立ちのぼる。煮汁にゆで卵を漬けて、煮卵風にして食べるのも良し

画像 ちょっと歯ごたえがあるかな? という印象の出来映えだったが電子レンジの加熱時間、合計11分間でここまでできれば筆者としては納得(1000Wなら7分30秒が目安)。電子レンジのクセなどによって、調理時間を調整するのが調理のコツのようだ。レシピ通りだと甘さ控えめなのは、甘いおかずが苦手な筆者好みだった。保育園児の娘も、スライスしたものを「おいしい!」といって黙々と食べていた

チキンラーメンを作ってみた

 さて、最後にそれは料理じゃない! といわれてしまいそうですが、筆者の夜食レパートリーのひとつチキンラーメンを作ってみました。チキンラーメンはお湯を注いで3分間待たねば食べることができませんが、それが短縮できるのかと、上にのせた卵がどんなあんばいになるのか楽しみです。

画像 チキンラーメンを入れて、チキンラーメンのたまごポケットに生卵をのせたところ

画像 700Wで60秒加熱してみた。まだちょっとかためだったので、麺をほぐして再び60秒加熱することに

画像画像 合計120秒加熱後。見た目はよろしくないかもしれないが、箸でかき混ぜると程よく半熟になった卵の黄身が麺にからみつき絶妙な味わいに。60秒の時間短縮にしかならなかったが、お湯をかけて作るとなかなかここまで見事な半熟になることはない。これはこれで、電子レンジ圧力鍋を使った意味はあったと思った。丼物などにも応用できそうだ

 この電子レンジ圧力鍋、製品に付属のレシピは20種類ですがいろいろと試してみるとおもしろい便利道具だと思いました。もちろん時間がないときに、おかずをあと一品追加したいときにも大活躍するでしょう。

関連キーワード

白物家電 | 電子レンジ | | 料理 | 便利 | レシピ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう