ニュース
» 2012年07月23日 19時56分 UPDATE

ソーシャルゲームを含むオンラインゲーム市場規模は4200億円に――JOGA、「JOGAオンラインゲーム市場調査レポート2012」を公表

調査発表によると、オンラインゲーム市場が1405億円、PCと携帯電話におけるソーシャルゲーム市場が2794億円で、ソーシャルゲームが2倍近くの売上となっている。

[ITmedia]

 日本オンラインゲーム協会(JOGA)は、「JOGAオンラインゲーム市場調査レポート2012」を7月23日に発表した。今回の調査はシード・プランニングの協力のもと実施されたもので、2011年のオンラインゲームおよびソーシャルゲームについての分析が行われている。発表によると、2011年のオンラインゲーム市場は1405億円、PCと携帯電話におけるソーシャルゲーム市場が2794億円となり、両者をあわせた市場規模は約4200億円となっている。また、オンラインゲームにおいてはパッケージ販売売り上げが277億円と前年比94%で減少する一方、ゲーム運営サービス売り上げが1128億円と前年比109%と増加している。

また、国内ゲーム開発会社の海外ライセンス売上は6億7508万円と前年比141%。海外拠点での売り上げは86億6281万円で前年比114%と、いずれも増加している。

 なお、詳細な報告書についてはエンターブレインより同社直販サイト「f-ism.net」限定で販売されており、価格は3万1500円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう