ニュース
» 2012年07月25日 16時25分 UPDATE

PS Vitaに充電できなくなる症状 SCE「端子に異物ないか確認して」

充電時はくれぐれもご注意を。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは7月25日、PlayStation Vita使用にあたり、「マルチユース端子に異物や液体が付着していないかどうか確認」するようにとのお知らせを掲載した。

画像 PlayStation Vitaをご愛用のお客様へ ご使用上の注意のお知らせ

 お知らせによると、本体やマルチユース端子に異物や液体が付着した状態で接続すると、まれに部分的ショートが発生し「端子部の損傷などに至ることがあります」とのこと。これにより、充電ができなくなったり、本体が起動しなくなったりといった症状が発生することがある。

 こういった症状を防止するため、SCEでは次の点に注意して使用するよう呼びかけている。また、より安心して製品を使用いただくため、「セーフティーガイドもあわせてご確認ください」とのこと。

  • PS Vita本体およびUSBケーブルのマルチユース端子に異物や液体を付着させないようにご注意ください。
  • 接続する際には、PS Vita本体およびUSBケーブルのマルチユース端子に異物や液体が付着していないことをご確認ください。
  • PS Vita本体およびUSBケーブルのマルチユース端子に異物や液体が付着した場合は、すぐに電源を切り、接続したケーブルを抜いてください。ご不明な点がございましたらインフォメーションセンターにご相談ください。

 上記問題をめぐっては、読売新聞が7月25日に「PSヴィータ 充電中焼ける」という記事を掲載。充電中に端子や差し込み口が焼け焦げ、使えなくなる事故がこれまでに31件起こっていると報じていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう