ニュース
» 2012年07月30日 18時38分 UPDATE

2011年の国内家庭用ゲーム総出荷金額は1兆4575億円で前年より減少

ミリオンタイトルは3本。CESAのゲーム関連調査報告書には2011年のゲーム市場がつづられている。

[ITmedia]
画像

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)は、家庭用ゲーム産業の年次報告書「2012CESAゲーム白書」を発行した(7350円)。

 「メーカー出荷量データ」のほか、「東京ゲームショウ2011来場者調査」「2012CESA一般生活者調査報告書〜日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査〜」よりそれぞれ一部データを抜粋し掲載。海外市場のデータも含む。

 それによると、家庭用ゲームソフトウェアとハードウェアの総出荷額は、1兆4575億円で、2010年の1兆7975億円から後退したことが分かった。。ソフトウェアの国内外を合わせた総出荷額は、5310億円(2010年は6705億円)、この内、国内におけるソフトウェアの総出荷額は2379億円(2010年:2591億円)、海外におけるソフトウェアの総出荷額は2930億円(2010年は4115億円)となる。ハードウェアの国内外を合わせた総出荷額は、9265億円(2010年は1兆1269億円)。この内、国内におけるハードウェアの総出荷額は1649億円(2010年は1667億円)、海外におけるハードウェアの総出荷額は7616億円(2010年は9602億円)となった。

 ソフトウェアおよびハードウェアの国内総出荷規模から推計した、国内における総市場規模は5019億円(2010年は5321億円)。内、ソフトウェアの国内市場規模は3185億円(2010年は3442億円)、ハードウェアの国内市場規模は1834億円(2010年1879億円)となる。

 ちなみに2011年に100万本以上出荷したタイトルは、ニンテンドー3DS「マリオカート7」ほか全3タイトルだった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!