新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月03日 20時27分 UPDATE

防災科学技術研究所、iPhone向け防災アプリ「もしゆれ」を公開

Phoneのボタン一発で、その場の地震危険情報を表示してくれるiPhoneアプリを防災科学技術研究所が公開。APP Storeから無料ダウンロードできるので、まさかに備えて自宅や通勤・通学の道路上などで試しておきたいところ。

[ITmedia]

 防災科学技術研究所は、8月3日よりiPhone向け防災アプリ「もしゆれ(正式名称:もしもいまここで大地震の揺れに見舞われたらワタシはどうなる?)」を無料配信する。

 「もしゆれ」は、GPS等で取得した位置情報を元に、地震が発生した場合に実際に起こりうる被害の種類について、自分の顔写真と重ねて17種類の被害結果画像(建物倒壊や家具倒壊、津波や液状化など)を表示する。元データに使用している地震ハザード情報は、同研究所が開発するデータベース「J-SHIS」のAPIを用いて取得する仕組みで、250mごとの地震や地盤の情報を、精度や情報量のフィルタリングを行い利用している。


tm_20120803_moshiyure01.jpgtm_20120803_moshiyure02.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!