ニュース
» 2012年08月14日 11時15分 UPDATE

ロボットのオリンピック:「RoboGames2012」に日本からドリームチームが参加した!! パフォーマンス編

ここのところ連日、ロンドンオリンピックの話題でもちきりでしたが、実はロボットのオリンピックともいうべき大会「RoboGames2012」にも、日本からROBOT JAPANチームが参加していたんです。

[種子島健吉,ITmedia]

参加国多数、ロボットのオリンピック「RoboGames2012」

 ゆるいレギュレーションと派手な演出で、ホビーロボットの初心者でも参加しやすいというのがコンセプトのロボットイベント「ROBOT JAPAN 4th」が、2012年8月18日に東京都の築地本願寺ブティストホールにて開催予定です。その「ROBOT JAPAN」を主催するマゼル・ジャパンが中心となって、「Team Robot Japan」を結成。2012年4月20日から22日にアメリカ、サンフランシスコで開催されたロボットのオリンピックともいうべき大会「RoboGames2012」に参加しました。

 「Team Robot Japan」は、何度か紹介しているロボットプロレス「できんのか!」の皆さん、格闘技経験も豊富なベテランロボットビルダー丸氏のキングカイザーも参加したという、いわばドリームチームです。ドリームチームなんて書くと、ちょっと大袈裟なんじゃないの? と思われるかもしれませんが、ことホビーロボット、それも二足歩行ともなれば日本のロボットビルダーは世界中のロボットビルダーから一目置かれる存在。「RoboGames2012」主催者サイドからも「ぜひ参加して欲しい」とのオファーを受け、ステージが会場の目立つ位置に用意されるぐらい。あながち過剰な表現ではないのです。マゼル・ジャパンは、世界の人々に日本のロボットを見てもらいたい、そして日本のロボットビルダーと世界のロボットビルダーに交流してもらいたいということで、2011年から「RoboGames」に参加しています。

画像 日本の実力派ロボットビルダーが、マゼル・ジャパンの呼びかけに応えて一堂に会した「Team Robot Japan」。日本のロボットビルダーを代表する、いわばドリームチームだ

日本製ロボットの真骨頂、トコトコ丸の演舞

 「Team Robot Japan」のパフォーマンスは、ロボットプロレスとその合間をキングカイザー、トコトコ丸のパフォーマンスという、日本のロボット関連イベントでも大人気の鉄板メニューで構成されていました。

パフォーマンス部門で金メダルを獲得した、ロボットビルダー網野氏のトコトコ丸による演舞。最初、紙吹雪の仕込みなしで演舞したところ観客の反応がいまいちだったため、紙吹雪ありで演舞したところ大絶賛だったという(映像は、Robots Dreamsの許可を得て紹介)。

キングカイザーが「リアル・スティール」デモを本場米国で披露

 映画「リアル・スティール」の監督、ショーン・レヴィ氏が撮影の際にインスピレーションを得たであろう二足歩行ロボット、キングカイザー。そのキングカイザーの制作者、丸氏が映画「リアル・スティール」からインスピレーションを得て考案したモーションキャプチャによる操縦デモを「リアル・スティール」の本場アメリカで披露しました。後方に立つ、丸氏の動作そのままにキングカイザーも動作するという、デモンストレーション自体も高度ですが、そういった経緯を知ってから観るとまた違った感慨を覚えます。

キングカイザーの相手を務めているのは、格闘技経験を見込まれたロボットプロレス「できんのか!」のスタッフ、小俣氏。キングカイザーは瓦を割るほどのパワーがある機体なので、誤ってパンチをもらってしまうとかなり痛いらしい(映像は、Robots Dreamsの許可を得て紹介)
画像 パイプ椅子に腰掛け出番を待つキングカイザー。ホビーロボットとしては大型で、人間用の椅子がぴったりである。これだけ貫禄があると、ロボットのコスプレと勘違いして、本物のロボットだと知るとびっくりする人もいるそうだ

 丸氏によるデモのほかに、実際にモーションキャプチャによるキングカイザーの操縦体験も行われたそうなのですが、アメリカ人の少年が操縦体験した際に興奮に顔を真っ赤にして感動しているを見て、丸氏はロボットに国境は関係ないと感じたそうです。

ロボットプロレス「できんのか!」出張公演

 もちろん、日本で、否、おそらく世界で唯一のロボットプロレス団体でしょう「できんのか!」の出張公演もありました。「できんのか!」のショーは「RoboGames2012」開催期間中連日、3日間行われたのですが、その短い間にもファンが生まれ、初日のショーの終わりに次の日の開催時間をアナウンスしたところ、次の日にはロボットプロレスショーの開催時間にステージに人だかりができるようになったそうです。アメリカ出張公演にあたってはいつものリングをトラックで運ぶことはできませんから、マットに使用する板だけ現地調達で、そのほかのポストやロープなどは日本で組み立て式のものを製作して旅行トランクで運んで組み立てるという方法で比較的スムーズに設置できたそうです。

 アメリカ遠征ということで、仕事の都合などで参加できなかった「できんのか!」メンバーも多く、今回はいつもは名脇役を務めることが多い、流血仮面に注目が集まりました。必殺技「流血エルボー」の右手を振り上げる予備動作に入るだけで歓声が上がり、「流血エルボー」炸裂の瞬間には場内は大いに盛り上がりました。流血仮面オペレーターを務めた「できんのか!」影の支配者、ミステル・タマオ総統はこのことに感銘を受け、「予備動作に入るだけで歓声が上がったのは、必殺技『流血エルボー』が世界に認知された証拠。これからは『ピープルズ・エルボー』と改名する!」と宣言したとかなんとか(「ピープルズ・エルボー」は俳優としても活躍するアメリカのプロレスラー、ザ・ロック氏が得意とする有名な必殺技です)。何を言っているのか分からない方はこちらの動画をご覧ください。

対戦カードは、流血仮面とロボット競技会ROBO-ONEのチャンピオンであるガルー。流血仮面の操縦は、マスクマンのミステル・タマオ総統。急遽アナウンスすることになったロボットビルダーのshibata氏は、割り切りとその場のノリでほぼジェスチャーを交えた日本語で乗り切ったそうだ。こちらもパフォーマンス部門で金メダルを獲得した(映像は、Robots Dreamsの許可を得て紹介)。
画像 会場で配布したステッカーとロボットのキャラクターカード。子供たちに大人気で、用意した各250枚が配布を始めた初日にすぐなくなってしまったそうだ。「ロボでサバゲ!」のアーノルド・スタローンと流血ベビーのカードは、参加予定だったが仕事の都合で急遽断念したノボリサカ氏に託されて配布したものだ

 今回は「Team Robot Japan」がステージで行ったパフォーマンスを紹介しましたが、次回の後編ではバトル編をお届けします。日本では考えられない火薬を使用した過激な競技や、実際に機体を破壊し合うという驚愕の競技もありますのでお楽しみに!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう