ニュース
» 2012年08月23日 12時03分 UPDATE

まるで理科の実験 ジャガイモで動くエコな時計

「じゃがいも eco時計」は、電池ではなくジャガイモを電源にする時計。

[ITmedia]

 日本トラストテクノロジー(JTT)は8月23日、ジャガイモを電源にする時計「じゃがいも eco(エコ)時計」を発売した。

ah_potato000.jpg

 電池やコンセントではなく、ジャガイモから電気を取って動く。電線でつながった亜鉛板と銅板をジャガイモに差し込んで時計とつなげばOK。ジャガイモに溶け出した亜鉛が、ジャガイモに含まれるリン酸と反応して電流が生まれる仕組みだ。ジャガイモだけでなく、レモンやトマト、リンゴや炭酸飲料などリン酸が含まれているものを使うことができる。まるで理科の実験だ。

ah_potato006.jpg
ah_potato005.jpg ジャガイモeco時計の付属品
ah_potato007.jpg ジャガイモが電池になる仕組み

 サイズは65×31×11ミリ。JTTのオンラインショップで販売しており、価格は980円。ジャガイモは付属しない。

ah_potato002.jpg
ah_potato003.jpg
ah_potato004.jpg レモンやトマト、炭酸飲料でもOK

関連キーワード

電池 | 目覚まし時計 | 飲料 | 炭酸 | エコロジー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう