新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月23日 17時23分 UPDATE

日々是遊戯:続・「ドラゴンクエストX」に感じた「オフラインゲームっぽさ」考――「DQX」は「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だ! (1/3)

以前書いた「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事の続きです。あれからさらに80時間ほどプレイしてみて、あのとき感じた「オフラインゲームっぽさ」はどう変わった?

[池谷勇人,ITmedia]

あれからかなり遊びました

 どうも、レベル36になってマホトラを憶えました。プクリポの魔法使い、てっけんです。

 「ドラゴンクエストX(以下、DQX)」、現在のプレイ時間は90時間とちょっと。前回、まだ発売されたばかりの段階で「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事を書きましたが、あれからさらに80時間近く遊んでみて、その後どう感じたかをあらためて書いておこうと思います。

画像 現在のてっけんさん。ソロでばっかり遊んでるので、レベル36なのにまだレベル28装備だったりします

MMORPGのクセに、誰かと遊ばなくていい

 結論から言うと、最初に感じた「オフラインゲームっぽい」という直感はやっぱり間違ってなかった。僕は「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと思ってます。

 第1には、前回も書いた「主人公が勇者である」という点。厳密には勇者とはちょっと違いますが、少なくとも「どこにでもいる冒険者の1人」ではない「特別な誰か」として最初からはっきりと描かれています。だから何千人、何万人が遊ぶオンライン世界であっても、ストーリーは常に自分中心で進んでいく。

画像 オフラインで展開されるプロローグ部分。ここで起こる「ある衝撃的な事件」が、プレイヤーをオンラインの世界へと旅立たせるきっかけになります

 2つ目はもっと直接的な意味での「スタンドアローン」。そもそも本作、MMORPGのクセに、誰かと一緒に遊ぶ必要がまったくないんですよ!!

 1人の時は大体、酒場で「サポート仲間」と呼ばれるAIキャラ(ログアウトしている他のプレイヤー)を雇ってパーティを組むわけですが、これがちょっとビックリするくらい使える。実際、サポート仲間さえいれば1人で遊ぶのにまったく不自由ないレベルで、中ボスクラスの相手でも、少しレベルを上げていけば全然なんとかなってしまう。

画像 酒場でサポート仲間を探しているところ。お金は多少かかるけど、4人でちょっと戦えばすぐ回収できるレベル

 僕はオンラインゲームの人間関係ってけっこうニガテで、初期の「FF11」のような、パーティ必須のバランスだったらちょっとイヤだなあ――などと最初は思ってました。でも実際遊んでみると、生身の人間とパーティを組むのは、本当に親しい友達に誘われた時くらいで、それ以外はほとんどソロでOK。それでいて、町をウロウロしてると他の人の会話が耳に入ってきたり、モンスターと戦っていると誰かが「おうえん」してくれたりと、ちゃんと他のプレイヤーの存在は感じられる。このへんが「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと感じた理由です。

画像 町の外で戦っている人を見ると、ほとんどの人がソロプレイなことに驚きます(頭上のアイコンでサポート仲間かどうかは判別可能)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事