新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月24日 16時13分 UPDATE

「ゲームを作るのに、ゲームなんかやらなくていい」――「もしドラ」作者、ゲーム業界にアドバイス  (1/5)

「おれほどゲームをやったやつはいない」と豪語する岩崎夏海氏は、今のゲーム業界をどう見たか。

[池谷勇人,ITmedia]

 処女作である「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がいきなり累計270万部を超えるベストセラーとなった、作家の岩崎夏海氏による講演「『もしドラ』×CEDEC ミリオンセラーを狙うための秘訣」が8月22日、「CEDEC 2012」の特別招待セッションとして行われた。

画像

 失礼ながら当初、岩崎氏がCEDECで講演すると聞いてまったくピンと来なかったのだが、聞けば岩崎氏、実はかなりのゲーマーのようだ。大学時代にはディスクシステムの「マリオオープンゴルフ」を、全国ランキング33位に入賞するほどやり込み、また仕事がヒマだったころには「ファイナルファンタジーXI」で、リンクシェル(ギルド)のリーダーを務めるほどハマった。曰く「準廃人みたいなもの」で、累計プレイ時間は200日(=4800時間)、当時は「1日20時間くらいログインしてた」という。

「よく『ゲーム知らないくせに』とか、2ちゃんねるやTwitter、はてブなんかで叱咤激励いただくのですが、僕に言わせればそうじゃない。おれほどサルみたいにゲームやったやつはいない」(岩崎氏)

 そんな岩崎氏は、今のゲーム業界をどう見るのか。どうすれば「もしドラ」のようなミリオンセラーを生むことができるのか。講演は、いかにして「もしドラ」のアイデアが生まれたか、というところからスタートした。

画像 岩崎夏海氏。秋本康氏に師事し、放送作家として「とんねるずのみなさんのおかげです」「ダウンタウンのごっつええ感じ」などに関わったほか、AKB48のプロデュースにも携わる。現在は独立し、処女作「もしドラ」は270万部を超える大ヒットとなった。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事