ニュース
» 2012年08月28日 19時37分 UPDATE

落ち着いた秋冬の装いに――SII、腕時計「TWELVE」にグレー無機ガラス使用モデル3種類を10月より追加

文字盤の数字などを省いた、シンプルなデザインが特徴の「TWELVE」に、シックな色合いのグレー無機ガラスを使用したモデルが追加される。

[ITmedia]

 セイコーインスツルは、同社が展開する腕時計ブランド「MIYAKE ウオッチ プロジェクト」において、深澤直人氏デザインの「TWELVE(トゥエルブ)」新モデル3種類を10月に発売する。

 「TWELVE」は、文字板上の数字・略字などを省くかわりに、ケースのガラス外形の12角形となっているのが特徴で、今回は新たにグレーの無機ガラスを使ったモデル3種類が追加される。価格は、ケース径28mmのレディースタイプ「SILAP018」、ケース径38mmのメンズタイプ「SILAP019」が各3万1500円、秒針・曜日針・日針を搭載する「SILAP020」が3万3600円となっている。


tm_20120828_twelve01.jpg 左からケース径28mmのレディースタイプ「SILAP018」、ケース径38mmのメンズタイプ「SILAP019」が各3万1500円、秒針・曜日針・日針を搭載する「SILAP020」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう