新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月31日 19時58分 UPDATE

1700ルーメンの高輝度パネルと超解像度技術を搭載――ソニー、ホームシアタープロジェクター「VPL-HW50ES」を10月25日発売

SXRDパネル採用などにより高輝度を実現し、4Kプロジェクター「VPL-VW1000ES」で開発された技術により画質向上を図ったフルHDプロジェクターが、10月25日に登場する。

[ITmedia]

 ソニーは、SXRDパネル搭載のホームシアタープロジェクター「VPL-HW50ES」を10月25日に発売する。

 「VPL-HW50ES」は、投影パネルにSXRDを搭載し、光学機構を新設計することにより、1700ルーメンの高輝度を実現したフルHD対応のホームシアタープロジェクター。画像処理には同社の4Kプロジェクター「VPL-VW1000ES」でも使用されている「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を採用。超解像度処理を行うことで映像表現力を向上されるほか、さらに、明暗レベルを自動補正する「アドバンストアイリス3」、「コントラストエンハンサー機能」で、シーンに応じた最適なコントラストを得られるようにリアルタイムでの調整も可能となっている。本体カラーにはブラック・ホワイトの2色が用意され、価格はオープンプライス(市場推定価格: 33万円前後)。


tm_20120830_sony01.jpg

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む

おススメの生放送ライブガイド

プロ棋士とコンピュータがタッグを組み総勢12組が戦う「電王戦タッグマッチ2014」のファイナルラウンドをライブ配信する。配信は10月12日10時30分〜。

オススメ記事