ニュース
» 2012年09月19日 19時58分 UPDATE

PS Vita、10月中旬より電子コミック対応 ニコ生アプリのデモンストレーションも

ソニーの「Reader Store」がPS Vitaに対応。コミック作品3000冊以上が利用可能に。

[ITmedia]

 本日開催された「SCEJ Press Conference」において、PS Vita用の電子コミックリーダーアプリと、以前から発表されていたニコニコ生放送アプリのデモンストレーションが行われた。

画像 「Reader for PlayStation Vita」を使って見せるSCEJプレジデント 河野弘氏

電子コミック対応は10月中旬から

 10月中旬より提供される「Reader for PlayStation Vita」では、ソニーが提供する「Reader Store」からの電子書籍ダウンロードが可能に。対応コンテンツは「ONE PIECEカラー版」や「ジョジョの奇妙な冒険」「Fate/stay night」などコミック作品中心に約3000冊を見込む。

 タッチ操作でページをめくったり、PS Vitaを縦に盛り変えることで画面を拡大表示したりと、PS Vitaのインタフェースを活かした操作性が特徴となっている。もちろん、ボタンでのページめくりにも対応する。

画像画像 指でページをめくる、タッチパネルならではの直感的操作が特徴。有機ELのおかげで画面も見やすい

画像画像 「Reader Store」からダウンロードした電子書籍は、本棚のような形で一覧表示される

ニコ生アプリは2013年配信予定

 かねてから配信が予告されていた、ニコニコ生放送アプリについてもデモンストレーションが行われた。会場では実際にPS Vitaを使ってニコ生を配信。カンファレンス会場の映像とともに「どこでもいっしょ」のトロが映し出されると「トロきたあああ」「きゃわわわわわわ!」といったコメントが飛び交った。

 こちらは2013年配信を目標に現在鋭意開発中とのこと。今回のデモではカメラを使った生放送となったが、ゲームプレイ映像の配信なども可能になるのか、今後の続報に期待したい。

画像画像 カメラの映像に、トロなどのキャラクターを重ね合わせて表示することもできるようだ

画像 本体だけで手軽にニコ生を配信できるのは嬉しい

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう