新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年09月20日 10時49分 UPDATE

TGS2012開幕:東京ゲームショウ2012開幕 ソーシャルゲームの存在感増す

9月20日、ゲームの祭典が幕張メッセで開幕した。今年はどんなゲームに注目が?

[加藤亘,ITmedia]

 9月20日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「東京ゲームショウ2012」が開幕した。今年のテーマは「GAMEで笑顔がつながっていく。」。カプコンの「モンスターハンター4」の試遊にはシングルプレイ/マルチプレイともに長蛇の列ができていた。今日と明日の2日間はビジネスデー、一般公開日は9月22日と23日の2日間となっている。

画像 ゲームショウ初日は晴天に恵まれた。9月20日、21日はビジネスデー、22日と23日は一般公開日となっている

 昨年実施された「東京ゲームショウ2011」は、ビジネスデイと一般公開日の4日間で22万2668人を記録。東京ゲームショウ過去最高となった昨年の約20万7647人をさらに上回った。今年も同規模の動員を予定している。日本をはじめ19の国と地域から出展があり、出展社数は国内126、海外83の合計209社(昨年は193社)となり、出展タイトル数は過去最多の1043作品の届け出があった。傾向としては、スマートフォン/タブレット用タイトルが大きく増加している。

 「TGSフォーラム2012」の基調講演には第一部にCESA会長の鵜之澤 伸氏が、第二部にグリー代表取締役社長の田中 良和氏が登壇する。「公式動画配信チャンネル」が開設され、会場の様子は随時配信されるようになった。また、今年から混雑する会場内の電波環境を改善するために「無線LANエリア」や「すれちがい通信&対戦ゲーム広場」を、会場2階コンコースに設置している。

画像画像 開幕式では恒例のテープカットも。CESA会長の鵜之澤 伸氏は前会長の和田洋一氏の言を借り「ゲーム業界はしぶとい」と、過去最多の出展タイトル数になったことを報告

 会場では、BtoB向けの「TGSフォーラム2012」に加えて、ビジネスミーティングエリアの拡大やスマートフォンにも対応した新しいビジネスマッチングシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」を導入した。

 会場には「一般展示」のほかに、統合および名称変更の「PCゲームコーナー」や「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」、昨年に引き続き「ゲームデバイスコーナー」、「物販コーナー」、「ゲームスクールコーナー」、「ファミリーコーナー」などが設置されている。イベント関連では、「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」や「TGSフォーラム2012」、「SENSE OF WONDER NIGHT 2012」、「アジアネットワーキングパーティー」も。今年も日本ゲーム大賞や東日本大震災復興支援も実施される。

 昨日行われた「SCEJ Press Conference」において発表された小型軽量化された新型PS3や、PSP Vitaの新色「コズミック・レッド」「サファイア・ブルー」も展示。ビジネスデーとなる初日には多くのゲーム関係者が新規タイトルを試遊したり、説明を受ける姿が見られた。

画像 開幕直後の様子

画像

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事