ニュース
» 2012年09月21日 22時18分 UPDATE

TGS2012:ユー、Wii U Game Padさわっちゃいなヨ! TGSでプレイできるWii Uタイトル

東京ゲームショウ2012では、タイトル数は少ないながらもWii Uタイトルをいち早く体験プレイすることができる。初めてさわったWii U Game Padは、なかなかの代物でしたよ。

[仗桐安,ITmedia]

 バンダイナムコゲームスの「鉄拳タッグトーナメント2 Wii U エディション」と「TANK! TANK! TANK!」をプレイしてきたのでご報告しよう。一見一貫性のない2タイトル。なぜこの2タイトルをまとめてリポートするのか、ってもう鉄拳のタイトルに含まれているのでバレバレではあるが、この2タイトルはいずれもWii Uで発売されるタイトルなのだ。ということは……東京ゲームショウで遊べる貴重なWii Uタイトルということだ。一足早くWii Uを体験しちゃいました。

画像 鉄拳のイラストとWii Uのロゴが並ぶ

 「鉄拳タッグトーナメント2 Wii U エディション」も「TANK! TANK! TANK!」もビジネスデーで30分待ちということで、比較的遊びやすい状況だった。

画像

 「鉄拳タッグトーナメント2 Wii U エディション」は、12月8日にWii U本体と同時発売の予定だ。「鉄拳タッグトーナメント2」自体は既にアーケードや他機種で遊べるタイトルなのだが、ではWii U エディションはどこがどう違うのか。今回の体験プレイではその片鱗を楽しむことができた。

画像 プレイアブルコーナー付近にはリアル“リリ”様がーっ!お美しい……

 今回のプレイアブルコーナーで遊べるモードはキノコバトルモード。これは任天堂とのコラボレーションにより、おなじみ“マリオ”の世界のキノコたちが鉄拳のフィールドにモコモコと登場するモードだ。地面をふわーと移動するキノコやスターを取ることによって大きくなったり小さくなったり無敵になったり、様々な効果が現れる。真剣な対戦とは一線を画す、楽しいパーティー的なモードだと言えるだろう。また、もうひとつのコラボ要素として、各キャラが任天堂キャラのコスチュームを着るという要素もある。今回のプレイアブル版でもニーナがゼルダ姫に扮するなどしっかりコスチュームプレイを楽しむことができる。

画像 巨大化しすぎるともはやキャラの顔が見えない

画像 毒キノコを取ると体は小さくなってしまう。小さいと相手の攻撃が当たりにくいというメリットも

 筆者はいつも使っているキングでキノコバトルに挑戦した。キノコを取って大きくなると有利になるかと思いきや、大きくなりすぎて投げ技が無効になったり上段中段技が当たらなくなったり、かと思えば小さくなって大きな敵から逃げ惑ったり、今までの鉄拳では見られないハチャメチャなプレイを楽しむことができた。

画像画像 任天堂初のHD画質もなかなかのもの

 と、ここまで書いて我ながら、あれっ、と思ったのだが、すんなりプレイの感想を言う前にWii U Game Padの感想を言わないと〜自分〜! と、だいぶのんびりしたノリツッコミのような状態で、ではWii U Game Padとの初対面について書くことにしよう。

 光沢のある黒いボディのそいつは、突然目の前に現れた! Wii U Game Pad。ぶっちゃけWii Uが情報公開された当初は「何か重そう」とか「Wiiリモコンのような軽快さがないなー」とか「カラオケのデンモクか」とか言ってあまり食いつかなかった筆者だったが、このPadを持ってみて完全に考えが変わったのだった。Wii U Game Pad、何かめっちゃかっこええ。

画像 新しいインタフェース Wii U Game Padの可能性は未知数?

 まずこいつは予想以上に軽い。ざっくりした物言いだが、多分iPadなんかより全然軽い。寝転がってのプレイも難なくできそうだ。そして、かさばる割に何だか持ちやすい。左右のグリップがとても計算されている、というか、ちょうど両手の中指があたる部分があって、そこに中指を添えてぎゅっと持つとなかなかいいホールド感なのだ。

 そして何と言っても好感触だったのが、中央にものすごい存在感でどーんとしていらっしゃるタッチスクリーン。3DSの下画面くらいと言ったら「そんなわけないだろ」とツッコミが入りそうだが、まあ何と言うか、そういう補助的な画面なんでしょ、くらいにしか思っていなかったわけだが、このスクリーンに映る映像がね、メチャきれい!! なのですわ、本当に。解像度の詳細などは分からないけど、例えば「鉄拳タッグトーナメント2 Wii U エディション」で言えば、キャラクター選択時はHD画質のテレビ画面とほぼ同じものがスクリーン上にも映し出される。もちろんテレビに比べれば実際は画質も落ちるのだろうけど、そんなことを感じさせないくらいに美麗なグラフィックが手元にも表示されているのだ。これはちょっと面食らった。正直「この機械、おもしろいじゃん」と何だか上から目線な感想が漏れてしまった。

画像 この画面とほぼ同等の映像がタッチスクリーンにも表示されているのだ

 実際に対戦が始まるとあらかじめ登録されている技を簡単に出すためのスクリーンになっていたが、このスクリーン上の映像がテレビ画面と比べて遜色ないということは、今後いろんなタイトルでいろんな活用方法があるんじゃないかと、今になってWii Uに対する関心が急激に高まる筆者だった。

 そんなWii U Game Padの初陣に気をよくした筆者は、同ブースのすぐそばにある「TANK! TANK! TANK!」の試遊台へと自然に吸い込まれていった。

画像 「TANK! TANK! TANK!」がWii Uで登場!

 「TANK! TANK! TANK!」はアーケードで人気のバトルパーティゲームの移植作。さまざまな武器を駆使して協力や対戦を楽しめるゲームだ。今回のプレイアブルコーナーでは通常のモードも遊ぶことができたが、せっかくなのでWii U版オリジナルのオレコングモードをプレイすることにした。これは例えば4人プレイならそのうちの1人が巨大なメカコングになり都市を襲撃する、それ以外の3人はメカコングを倒すために迎え撃つ、という1対3のちょっと変則的な対戦モードだ。

 コング役をふられた人(今回は筆者)は、Wii U Game Pad内蔵のカメラで自分の顔をキャプチャし、コングの顔部分にはめこむ。もうこれだけでパーティ的な面白さは保証されたようなものだ。なんせ自分や友人の顔をした巨大なコングがビルを破壊するだなんて、その絵だけで面白いではないですか! そして案の定、おもしろな感じでオレコングモードがスタート。筆者の顔をしたコングが暴れる中、スタッフのお姉さん1人とコンピュータ2人が3体の戦車で迎え撃つ、というプレイをした。

画像 戦車に乗る側も顔パーツを選んでキャプチャして、自分の顔を画面に表示させることができる。画面にはみんなの顔写真が飛び交い、賑やかなことになりそうだ

 この際、迎え撃つ側はWiiリモコンでもOKなのだが、コング側はWii U Game Padを使う必要がある。なぜならコングの操作をするにあたりテレビ画面とは異なるWii U Game Padのスクリーンの映像を見ながら操作をしなくてはならないからだ。スクリーン内ではコングの上からの視点でコンパクトに描かれた都市の風景がある。そこに映るコングをWii U Game Padの十字キーで動かし、Lボタン、RボタンやWii U Game Padを振り下ろすジャイロ操作で都市を破壊していく。コングが動くことでテレビ画面の方でも戦車視点で動くコングを捉えることができ、2つの画面が完全に同期していることが分かる。コングをプレイするプレイヤーは、手元のスクリーンとテレビ画面を交互に見て楽しむことができる。思わず「お、ちゃんとオレコングがこっち向いた!」とか「このビル壊してやれ(←この時はスクリーンを見てる)……(この時はテレビ画面を見てる→)あ、壊れた!」とか、いろいろ試して楽しくなってしまった。ここでまた改めて思う。「Wii U Game Pad……素敵やん」と。

画像 コングになって暴れるプレイはただひたすらに爽快!

 そんなWii U初体験を経て、俄然Wii Uに対して期待が高まってしまった。これステマじゃないよ。そもそも任天堂は好きだけど、Wii U Game Padに対しては「どうなの〜」と思ってたクチなのだから。

画像 「TANK! TANK! TANK!」プレイ後に顔にタンクをかぶった人を見かけたので思わずパシャリ。どなたなのかと尋ねたら本作のプロデューサーである橋場さんでした。こりゃ失礼! そして自らタンク姿になるその勇姿に心打たれました

 ちなみに東京ゲームショウ2012では、この2タイトルの他にコーエーテクモブースの「無双OROCHI2Hyper」と「三國志12」のプレイアブルコーナーでWii U Game Padに触れることができる。いち早くWii Uを体験したいという人はいずれかのブースに行ってみよう。

画像 「無双OROCHI2Hyper」は12月8日にWii Uと同時発売。試遊は75分待ちという状況だった

画像 「三國志12」は12月13日発売予定。Wii U Game Padのみでのプレイが可能なタイトルだ。試遊は20〜30分待ちだった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう