ニュース
» 2012年09月28日 11時13分 UPDATE

国際福祉機器展2012:日本テレソフトブースがiOSに対応したスマートフォン用超小型Bluetoothキーボード「RiVO」を展示【レポート】

国際福祉機器展で、スマートフォン用超小型Bluetoothキーボード「RiVO」が出品されていた。

[livedoorニュース]
livedoorニュース
ah_key1.jpg

リモコン機能がおすすめの超小型キーボード

2012年9月26日(水)から28日(金)まで東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催している、国内最大の福祉機器の展示会「国際福祉機器展2012」において、日本テレソフトブースでは、iOSに対応した名刺サイズで超軽量の超小型多機能スマートフォン用キーボード「RiVO(リボ)」が出品されていたので紹介します。

本当にコンパクト!ポケットにサっと入れられるくらいの大きさ。

ah_key2.jpg 本体正面

本体サイズは縦幅54mm×横幅85mm×厚さ8mmと非常に小さく、重量はわずかに35gとなっています。機器への接続はBluetooth(Class2.0)にて行われ、最大で約10m離れても操作が可能とのことです。

韓国製のものを“内部ファームのみ日本語化”しているため各ボタンにはハングル語の表記があります。

ah_key3.jpg 左側面に電源ボタン、裏側にはBluetoothペアリング用のボタンがあります
ah_key4.jpg 充電端子はmicroUSBでなくminiUSB

バッテリーは交換ができない内蔵タイプ。3時間の充電で約10時間の使用が可能で、待機時間は約500時間。充電にはミニUSBを利用します。

ah_key5.jpg iOS上のペアリング画面。デバイス名は「MQ-1000 RiVO」

キーボードとしては一般的なQWERTYキーボードではなく、QWERTY配列をまとめたSmart QWERTY配列となっていますが、設定で通常のABC配列として使うこともできます。

リモコン機能で便利

小型のBluetoothキーボードというアイテムではあるのですが、筆者が特にお勧めしたい理由はリモコン的な使い方などができるといった点です。

キーボード機能の他に

  • ボイスオーバー機能呼び出し
  • カーソル操作モード
  • オーディオリモート機能(音楽再生などのりもこんのような操作が出来る)

特にオーディオリモート機能はスピーカー付ドッグに接続したときのリモコン代わりなど、とても便利です。

対応端末はiPhone 3GS以降に発売されたiOS 4.0以上の端末になりますが、説明員によると恐らくMacOSでも大丈夫とのこと。Android・WindowsPhoneへの対応は今のところサポートされていませんが、Androidはバージョン4.0以降の端末への対応が予定されているとのことで、対応次第発表するとのことです。

気になるお値段は税込13,650円、福祉機器扱いではなく通常の周辺機器扱いになります。ここまで小さいキーボードは珍しいので、気になる方は一度機会があれば試してみるといいかもしれませんね。

記事執筆:河童丸

記事提供元:エスマックス

livedoor CC-BY-ND

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう