ニュース
» 2012年10月01日 11時50分 UPDATE

モテ機 Vol.21:まったりおうちデート向け! 癒やしのあかりで女子のハートを優しくおしゃれに包み込め!

アクティブな外デートも楽しいけれど、たまにはおうちデートという選択肢もあり! ゆっくりしたい日もあるからね。そんなみんなのために、おうちでリラックスできる照明を集めてみた。

[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 外デートに貪欲な男子ってたまりませんよね、うふふ。しかも毎回新規スポットを選んで、プランを立ててくれる男子。女子に「行ったことない!」「ここ初めて!」と言わしめる男子は100%最強で最高。デートに関して高い意識を持ってくれるのは素晴らしい。でもね、今日はそういう男子に一言だけ伝えたいことがあるの。たまにはおうちデートでもいいのよ、と。ゆっくりしたい週末もあるの。そこで今回はまったり系おうちデートでのシーンで一役買う癒し系の照明をご紹介する。

シーンに合わせて130通りにも

 かなりベーシックな癒し系照明と言えば、シャープが「癒しと安眠」(これはお疲れ女子に強い引きがありますな)をコンセプトに作った「さくら色LED照明」だと思う。王道中の王道といえるのではないか。さまざまな試験結果で目に優しい効果や癒しの効果などが確認されていて、まさに疲れた現代人向けに作られている。

ah_sakura01.jpg

 このさくら色LED照明には、白熱電球に近い暖色系から寒色系まで、10段階で光の色を変えられる「調色機能」がある。さらにスゴいのは10段階で光の明るさを変えられる「調光機能」だろう。リモコン操作で簡単に調節できるのもいい。八重桜・ソメイヨシノの2種類のさくら色、10段階に調光できる「常夜灯」と合わせて、合計130種類(!)の光色と明るさから好きな明かりを選ぼう。DVDを観るときに常夜灯を使えば、お部屋を映画館っぽくすることもできる。シーンに合った明かりを選べるのがステキ。「赤みがかった暖色系は癒されていい」「超ハイスペックな照明じゃない。自分の家に欲しい」など女子の評判も上々。モードに応じて切り替えて使ってみてはどうだろうか。

癒しとおしゃれを両立した“まんまる照明”

 「魅せる部屋作り」に勤しむ男子もいるだろう。そんな彼らへのイチオシが、おしゃれ要素も盛り込んだ癒し系間接照明「LUNA ball lamp」。まんまるな球型が特徴で、部屋の角に置いて壁面を明るくすると、お部屋全体を広く見せるうれしい効果もある。天体のようなフォルムがかなりキュート。天井からつり下げるタイプの照明ではなく、平坦な場所に置いて使うタイプのもの。360度の空間をやさしい光で照らし出してくれる。テーブルの上、デスクの下、床、ベッドのサイドテーブル、本棚など置く場所も選ばないのもいい。サイズは大小2種類。

ah_light.jpg

 女子の意見を聞いてみると「夜カフェっぽい」「ほの暗さがたまらない。ムードがあっていい」と好評だった。実は私も1年前くらいから部屋に置いているのだけれど、訪れた人からは確実に「いいね!」をいただく「褒められ系照明」だ。男子よ、これはチェック必須ね!

ベタでもモテる! “キャンドル風”照明

 なんとこれ、キャンドルに見えるけれど、本物のキャンドルではありません! より「カフェっぽさ」を意識した男子には「アロマキャンドル FLAMELESS CANSLES」がおすすめ。電池式のキャンドル型照明だ。特徴は外の素材に本物のロウを使っているということ。ロウ越しに透けて見えるやわらかい明かりはリアルな炎のよう。本物のキャンドルに見えるのは、LEDライトをランダムに調光させることで、実際の炎のようにゆらめくように作られているから。よりリアルな見た目に近づけている。電池式なので本物のキャンドルだと置けないような場所にも安心して置けるのがいい。サイズは大中小の3種類ある。それぞれ1つずつ持っておけばサマになるはず。

ah_light2.jpg

 全女子を代表して言わせていただくと、これがお部屋にある男子はかなり女子力の高い男子だと思われる。キャンドルのあかりに癒されるという女子は多い。「キャンドル=モテ」というベタっぽさをバカにしちゃいけない。置いておけばモテ確実な照明に認定したい。

 お部屋の雰囲気を左右する照明。この秋はおうちデートに備えて、疲れた女子を癒すような、まったり・ゆったりできる照明を準備しておこうではないか。

関連キーワード

モテ機 | 照明 | 男子 | デート | 女子 | 癒し | | LED | LED照明


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!