ニュース
» 2012年10月10日 17時19分 UPDATE

全身を5分割して筋肉量・脂肪率をそれぞれ計測 タニタのインナースキャン新商品

右腕と左腕の筋肉量をそれぞれ調べて比べるといったことができる。

[ITmedia]

 タニタは、全身の体組成だけでなく、体の5つの部位(左右の腕と脚、体幹部)の筋肉量と脂肪率をそれぞれ計測・表示できる新商品「部位別体組成計インナースキャン50V(BC-622)」を10月20日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は2万5000円。

画像

 BC-622は8つの電極を使用して計測するのが特徴。グリップを両手で持って本体に乗ると、電流を流す部分と電圧を計る部分を切り替えることで、体の部位ごとに筋肉量と脂肪率を計測している。

 どの程度アスリートに近い体組成になっているかを示す独自の「MBA(マイ・ボディー・アナライザー)」機能も搭載。自分の体のアスリート度合いを「ビギナー」「アマチュア」など4ブロック・10段階で確認でき、身体バランスを重視したボディーマネジメントに生かせる。

 計測項目は、体重、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、推定骨量、体水分率、体内年齢、BMI(体格指数)の9項目。データをSDメモリーカードに記録でき、付属のアプリを使ってPCに取り込めば、時系列にグラフ化するといったことも可能となっている。

 ターゲットは、積極的にスポーツに取り組む30〜40代の男性。初年度2万4000台の販売を計画している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう