ニュース
» 2012年10月18日 20時51分 UPDATE

JVC、密閉型インナーイヤーヘッドフォン「HA‐FXZ200/FXZ100」 を11月下旬発売

低音に強いとされる「ケルトン方式」を応用した低音ユニットと中高音ユニットを組み合わせた新構造のヘッドフォンがJVCから発売される。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは、ケルトン方式を応用した密閉型インナーイヤーヘッドフォン「HA‐FXZ200/FXZ100」 を、JVCブランドから11月下旬に発売する。

 「HA‐FXZ200/FXZ100」は、ケルトン方式を応用した低音用ユニット「ストリームウーハー」と中高音用ユニットを組み合せた新構造「ライブビートシステム」を採用。低音ユニット「ストリームウーハー」は、ストリームダクト内を通過させることで低域成分をな重厚な低音を抽出する仕組みで、中低音ユニットは並列に2つのドライバーを配置し「カーボンナノチューブ振動板」「カーボン振動板」により伸びやかな中高音再生を実現している。さらに、上位モデル「HA‐FXZ200」では、比重の大きい金属素材である真鍮を採用した「ブラスユニットベース」を搭載することで、不要な振動を抑えている。耳穴に合わせて交換可能な3サイズ(S、M、L) のシリコンイヤーピースが付属し、1.2mのY型コードはには長さを調節できるコードキーパーとタッチノイズをおさえるクリップが付属する。

 価格はいずれもオープンプライスで、市場想定価格は「HA‐FXZ200」が2万5000円前後、「HA‐FXZ100」が1万8000円前後となっている。


tm_20121018_jvc01.jpgtm_20121018_jvc02.jpg 「HA‐FXZ200」(左)と「HA‐FXZ100」(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう