ニュース
» 2012年10月19日 15時20分 UPDATE

薄型・軽量でも低音に強い 世界初のオールゴムスピーカー

伸縮自在で電気を通すゴム「スマートラバー」を活用したオールゴムのスピーカーが開発された。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 東海ゴム工業は、音波の発生部分にゴムのみを使用した、オールゴムのスピーカー「スマートラバースピーカー」を世界で初めて開発しました。

 このスピーカーは、独自開発した伸縮自在で電気を通すゴム「スマートラバー(SR)」を活用したもので、磁気を使用しないため薄型化や軽量化が可能です。

 これまで、スマートラバーを活用して、オールゴムの柔軟触覚センサを開発していますが、今回新たな開発軸である人工筋肉材料の中で生まれたのが、このオールゴムスピーカーです。

今までだと、薄型のスピーカーは、スマートフォンやタブレットで使用されている圧電スピーカーやフィルムスピーカーがありますが、あちらは低周波が出ません。それに対して、当社が開発したゴムスピーカーは薄いのに低周波が出ます。そういったスピーカーは世の中に無いというのが今回の特徴です。

 このスピーカーは電気を通さない絶縁ゴムを二枚の電極ゴムで挟んだ構造をしています。この電極ゴムの間に電圧をかけると、静電力が生じ、膜が伸びようとします。その膜の伸びと元に戻ろうとするゴムの復元力の繰り返しにより音波が生成されます。

当然、導電ゴムの技術が必要です。均等に電気を表面に与える技術です。もう1つは、ゴムとゴムの間に電気を通さない絶縁のゴムが必要です。それぞれは柔らかくて、伸びても抵抗は変わらずに絶縁するゴムが必要ですので、そこがキーテクノロジーです。

ヘッドフォンは付けると煩わしいので、柔らかいということを利用して、チェアなどに組込むことで、音の広がりをオープンで楽しめるといったことを目指しています。

現在は具体的な製品化の予定はありません。今回のCEATECも含めて、ニーズ探索をしながらお客さんと一緒にアプリケーションを考えて、商品化を目指したいと考えています。

ah_2.jpgah_6.jpgah_8.jpg
ah_1.jpgah_3.jpg

関連キーワード

スピーカー


Copyright(c) 2017 Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう