新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年11月05日 14時35分 UPDATE

散歩するガジェット:「カロリズム エキスパート」で、デスクワークからジョギングまで活動量を計ろう

7月に発売されたタニタの活動量計「カロリズム エキスパート」。「カロリズム」に新開発のカロリズムエンジンPROを搭載した、よりスポーティなモデルということなので、1週間データを計測してみました。

[種子島健吉,ITmedia]

「安静」「生活」「歩行」「走行」を自動判別

 「売れるのには理由がある:商品がマネされるぐらいでないと――タニタの活動量計『カロリズム』」でも取り上げた、活動量計「カロリズム」に新開発のカロリズムエンジンPROを搭載した、よりスポーティなモデル「カロリズム エキスパート」が7月に発売されました。「カロリズム DIET」を試用した際には座り仕事による運動不足が浮き彫りとなった筆者ですが、「カロリズム エキスパート」ではいったいどうなるのか興味津々です。

 活動量計は、日々の行動でどれぐらいカロリーが消費されているかの目安を視覚化してくれるというもので、万歩計とは違い、洗濯物の取り込みなど歩行が伴わないその場でする家事も計測してくれます。「カロリズム エキスパート」のカロリズムエンジンPROは、従来のカロリズムに比べて計算処理能力が2倍となり、6秒ごとに「安静」「生活」「歩行」「走行」の4つの行動判別ができるということなのですが、そもそもほとんど走らない生活を送っている筆者の場合はどうなるのでありましょうか?

画像 タニタの「カロリズム エキスパート(AM-140)」。サイズは縦39、横81、厚さ13ミリメートルで、重さ38グラム。カラーはレッドとシルバーの2色。価格はオープンだが、実勢価格は7000円程度

画像 「カロリズム エキスパート」のパッケージ内容。クリップが2種付属しており、その日の服装に合わせて使い分けることができた

画像 今までの「カロリズム」シリーズに比べて液晶に表示できる情報が増えている。活動量計としての機能には関係ないが、普段、腕時計をしていない筆者には時間表示が便利だった

初期設定は簡単

 「エキスパート」といえども、使用方法は従来機と同じくいたって簡単です。ボタン電池を入れたら、年月日、時刻と使用者の生年月日、性別、身長、体重、体脂肪率などを入力し、付属のクリップで胸のあたりに固定するだけ。表示は「表示」ボタンを押すことで、「総消費エネルギー量」「脂肪燃焼量」「活動時間」「距離」「歩数」の順番で切り替わり、「メモリ」ボタンを押せば過去14日分さかのぼることもできる、というのが大雑把なところです。そのほか詳細は「カロリズム エキスパート」のホームージをご覧ください。

画像画像画像 電池を入れて簡単な初期設定をして、クリップで胸に固定すればすぐ使いはじめることができる。ただストラップ用の穴の出口側が斜めになっておらず、楊子を使ってもなかなか通らなかった。ストラップを付けるのがいちばん難しかった

画像画像 クリップウェアでの固定。衣服を裏地から挟み込むので、胸ポケットなどがないTシャツ姿など軽装の際に活躍した。外れることはなかったが、いちおう襟にストラップのクリップも固定して使用した

実際の行動分析グラフ、7日間分

 さて、それでは実際に記録した筆者のデータを見てみましょう。「カロリズム エキスパート」にはパソコンにデータを転送する機能などはないので、デジカメで液晶表示を直撮りして画像編集ソフトで並べています。日付が8月といささか古いのは、撮影は終わっていたものの、なかなか画像編集に取りかかれなかったためで筆者の不徳の致すところです。

画像 筆者が使ってみた7日間分のデータ。左から「総消費エネルギー量」「脂肪燃焼量」「活動時間」「距離」「歩数」で、一番上が8月24日、一番下が8月30日のデータ。初期設定の状態だと、行動分析グラフの1目盛りは50キロカロリーに相当している

 「歩数」が33歩、111歩と明らかに数値が少ない28日と25日はカゼを引いて寝込んでおり、寝たり起きたりだったためです。26日は「キャラホビ2012」取材で幕張メッセを半日歩き回り、30日はとある企業への取材で駅からの往復をバスを使わず歩いたため「歩数」が1万歩を越えています。相変わらずといいますかなんといいますか、自宅で作業していた日と取材に行った日とで、極端な結果となりました。

「走り」の判別は正確なのか?

 さて自分の活動傾向が見えてきたところで、「カロリズム エキスパート」ならではの部分を見てましょう。「走り」の判別はどこまで正確なのでしょうか? とはいえ、「特に走った記憶もないからなあ……」とデータを確認していたところ、「走り」が1目盛りだけあるグラフを発見しました。「え?」と思ってよくよく考えてみたらば、26日は取材の帰り、機材を買いに行った秋葉原の中央通りの横断歩道の信号が変わりかけたとき「走った」ということに思い当たりました。タニタの3軸加速度センサー恐るべし、カロリズムエンジンPRO恐るべし、筆者の記憶よりよっぽど信用できるということが判明しました。せっかくなので、近所を軽く走っての計測もしてみたのですが、もちろんちゃんと「走り」として計測されていました。

画像 秋葉原、中央通りの横断歩道の信号が変わりそうだったので、ちょっと走ったというのもちゃんと計測されていた

画像 軽く近所をジョギングしてみたデータ。「脂肪燃焼量」も分かるので、ダイエットの指標にすることもできる

運動不足解消のきっかけに!

 筆者は、このところランニングコンピュータや自転車対応GPSなどを使う機会に恵まれました。それらのどれも精度など問題ないと感じたのですが、やはりネックは価格だと思います。マラソンや自転車レース、トライアスロンに参加するというような明確な目的があれば、相応の投資も良い結果に結びつくでしょうし、そういった本格的な機器をおすすめします。しかし、「運動不足を解消したい」という場合に、何万円するガジェットをいきなり用意するのはどうなんだろうかと。その点、この「カロリズム エキスパート」ならば比較的リーズナブルです。

 ただし、個人的にはやはりパソコンへのデータ転送機能はあってもよいと思ってしまいました。ランニングコンピュータを使用したときにも、パソコンにデータを転送して走行距離など確認できるのは良いと思いました。アスリートでもない、ただのオジサンが健康のために走ったとしても、誰もほめてくれないわけですが、「これだけ走ったか!」というのが視覚化されると「明日もやろう!」とモチベーションも上がるというものです。リーズナブルな価格維持とのトレードオフになるので要検討ということなのでしょうが、

スリープスキャン」をはじめタニタ製品でパソコンにデータ転送されるものはすでにありますから、「カロリズムシリーズ」の今後の展開にも期待したいところです。

 それから単体で見ると小さく、軽量な「カロリズム エキスパート」ですが、実はほかの「カロリズム」シリーズの機種はもっと小さく、軽量です。「カロリズム エキスパート」発売以降も併売されていますので、購入の際にはサンプルを手にしてみることをおすすめします。スマートフォンに比べれば小型で軽量なのですが、胸の位置に1日中装着することになりますので、気になるシーンもあるかもしれません。とりあえずジョギングはする予定はなく、あくまでも日常生活においての消費カロリーが知りたいという場合や、ダイエットに使いたいという場合ははほかの「カロリズム」を検討してみるのも良いでしょう。

※タニタのホームページの活動量計「カロリズムエキスパート」の自主回収に関するお詫びとお知らせにあるように、製品にカレンダー表示の不具合がありました。一時、製品が販売店からも回収され、現在、販売されているものは対応済みですが、以前に購入し製品をお持ちのかたは、該当製品かどうかホームページで確認することをおすすめします。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事