ニュース
» 2012年11月29日 10時23分 UPDATE

ロボット家電「COCOROBO」にアプリ新機能、家電コントローラー、小型版が登場予定

シャープのロボット家電「COCOROBO RX-V100」用スマートフォンアプリに新機能が追加され、「家電コントローラー」の併用で赤外線リモコン対応機器を操作可能に。小型版「COCOROBO」も発売予定だ。

[種子島健吉,ITmedia]

アプリ「COCOROBO SQUARE」に新機能追加

 6月にシャープから発売されたロボット家電「COCOROBO(ココロボ)」、「RX-V100」と「RX-V80」。上位機種である「RX-V100」用の無料スマートフォンアプリ「COCOROBO SQUARE」(Android 2.3/4.0以降、iOS 5以降対応)に12月13日、新機能が追加される。

画像 ロボット家電「COCOROBO」のラインアップ。中央2つが、「RX-V100」で右はオプションの「家電コントローラー」(後述)を追加している

 現状の「COCOROBO SQUARE」では、外出先から自宅を静止画撮影できるが、それに加えて12月13日よりサービス開始予定の新機能「COCOROBOナビ」では、任意の場所に「RX-V100」を移動することが可能になる。

画像画像 「COCOROBOナビ」では、まず最初に部屋の大きさを登録する

画像 次に家具や家電の配置を登録する

画像画像 一度登録してしまえば、後は画面をタッチして移動先を指定するだけで外出先などから遠隔操作が可能。任意の場所を撮影、掃除できる

画像 「RX-V100」は、小さな穴の部分にカメラを搭載しており、本体が回転することで4方向の画像を撮影する

※画面はイメージです。

家電を遠隔操作「家電コントローラー」

 「COCOROBOナビ」に加えて、12月13日に発売予定のオプション「COCOROBO 家電コントローラー RX-CU1」を「RX-V100」に追加することで、赤外線リモコンに対応した機器を遠隔操作することができるようになる。シャープでは、自宅に帰る際に、前もって暖房のスイッチを入れ部屋を暖めておいたり、一人暮らしの女性が、部屋の灯りを点けて中を画像で確認してから入る、などといった使い方を想定しているそうだ。

画像 「COCOROBOナビ」、「家電コントローラー」を追加した「RX-V100」による照明の遠隔操作デモの様子(展示の都合上、パネルに「RX-V60」とあるが「RX-V100」のデモである)

画像 「RX-V100」に接続された「COCOROBO 家電コントローラー RX-CU1」。USB端子のある「RX-V100」用のオプションで、12月13日発売予定。価格1万5750円。機器に関しては、当初はシャープ製品(2005年製以降)に対応し、順次、他社製品にも対応予定だ

画像画像 「COCOROBOナビ」で、家電の配置を登録しておく

画像画像 家電の近くに「RX-V100」を移動して、赤外線リモコン対応機器の操作をする

※画面はイメージです。

小型版「COCOROBO RX-V60」

 12月13日発売予定の「COCOROBO RX-V60」は、「RX-V100」「RX-V80」よりも約5センチメートル小さい直径29.9センチメートルの小型化された「COCOROBO」だ。

 高速回転ターボファン、駆動車輪は従来機のままにレイアウト最適化で小型化を実現。小型化されたとはいえ、吸塵力などは現行機種と変わらず、最長稼働時間のみ約50分と短くなっている(従来機は約60分)。シャープで、大型家具店販売のダイニングチェアの脚幅を調査したところ、「RX-V60」の本体幅にプラス5センチメートル余裕があるものが8割だったとのこと。日本では、小型化の恩恵を受けることができる家庭が多いそうだ。

 従来機にこのコンパクトタイプの「RX-V60」を加えたラインアップで、ロボット家電「COCOROBO」は展開されていくことになる。

画像 12月13日発売予定の「COCOROBO RX-V60」(手前)。価格はオープン(予想実売価格7万5000円前後)。「RX-V100」(奥)が直径346、高さ96ミリメートルなのに対して、直径299、高さ95ミリメートルと、直径が約5センチメートル小さい

画像 シャープの調査によると、日本で販売されている多くのダイニングチェアの下をコンパクトな「RX-V60」なら通り抜けることが可能だ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう