新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年12月11日 13時26分 UPDATE

Wii Uの更新はバックグラウンドで! 見落とすとセットアップに時間のかかるWii U【デジ通】

任天堂の新しい据え置き型ゲーム機「Wii U」がアメリカ、ヨーロッパに次いで日本でも発売になった。アップデートサーバーにユーザーが殺到してプログラムの更新に時間がかかる問題が日本でも起きたようだ。

[livedoorニュース]
livedoorニュース
ah_ld2.jpg

すでに紹介していたように、任天堂の新しい据え置き型ゲーム機「Wii U」がアメリカ、ヨーロッパに次いで日本でも発売になった。

アメリカで発売された際、アップデートサーバーにユーザーが殺到してプログラムの更新に時間がかかるなどトラブルが発生したようだが、数週間遅れた日本でも似たような状況になってしまったようだ。

昔のゲーム機は、最低限の配線などを行えば、すぐにゲームをプレイできた。しかし、Wii Uではネットワーク機能を活用しており、インターネットに接続してアップデートしたり、各種設定が必要な項目が多過ぎるため、パッケージを開封したら即座にプレイできるとは言えないようになってしまった。

Wii Uは、Wiiと比べてゲーム機としての性能が単に向上しただけではなく、インターネットを使い積極的にネットワークを利用するようになっている。ネットにつながっていないと利用できない機能が豊富に備わっている。

たとえばニンテンドーネットワークIDを取得する必要があったりと、インターネットとは何か? 無線LANとは何? といった説明から始めなければいけないような人にとってのハードルが高い機械になっている。

Wii Uのパフォーマンスを余すことなく活用するには、インターネットやネットワーク接続の知識が必須であり、昔のゲーム機のように簡単には始められないようになっていることに注意してほしい。

自宅でWi-Fi設定などをしたことのない人はもちろん、利用者のアカウント登録など、初期設定を行うのに、それなりの時間、そしてスキルが必要になっているのだ。

さらに、発売直後に出荷されたロットでは、初期状態からのプログラムアップデートに時間がかかり、発売日にWii Uをットした筆者は、初期設定とアップデートで、ダウンロードやインストール作業を含め1時間弱かかった。

特に一番時間がかかったのは合計45分ほどかかったプログラムアップデートのためのダウンロードだ。アップデートサーバーにユーザーが殺到したため、通常よりもダウンロードに時間がかかってしまったのだと思う。

今後は、こうした混雑も緩和され、ダウンロード時間が短くなるだろうし、今後出荷される製品は、あらかじめアップデートされた状態で出荷されると思われる。

このような長時間のダウンロードは初期ロットを入手したユーザーだけのことだろう。

実は遊びながらでもアップデート可能だった!?

後で気が付いたのだが、このアップデートはバックグラウンドで行うように設定できたようで、その場でのアップデートを選択しなければ、ゲームタイトルを遊んだり、他の設定を進めることができたのだ。プレイしている最中に裏で自動的にアップデートファイルがダウンロードされるのがわかっていたら、無駄に45分待つ必要がなかったと思うとかなり悔やまれる。

事前にセットアップに関する情報を何も収集しない状態から始めたための見落としだが、これからWii Uを購入して、セットアップを行おうと考えている人は、時間をロスしないように注意して欲しい。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

デジ通の記事をもっと見る

記事提供元:ITライフハック

関連キーワード

Wii U | ゲーム | 任天堂


livedoor CC-BY-ND

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!