Special
» 2012年12月12日 09時30分 UPDATE

スマホを持って山手線に乗ろう―― 富士通「ARROWS V」のバッテリーはどれくらい持つ?

もっと普通の方法で検証しようよ!

[池谷勇人,ITmedia]
PR

 その夜、僕は寒さにこごえながら、山手線で「ARROWS V F-04E(以下、ARROWS V)」を握りしめていた。「さ、寒い……」。バッテリーはまだまだ残っている。この分だと帰れるのはまだまだ先になりそうだ……。

画像 こんな感じでした

 発端は例によって編集長の無茶ぶりだった。「ARROWS V」の紹介記事を書けと言われて、何を書こうか悩んでいると、編集長がこう言ったのである。

「ARROWS Vと言ったらやっぱりバッテリーだよ、池谷くん」

 そうなの? 調べてみると、確かにARROWS Vのバッテリー容量は2420mAhと、同クラスのスマホに比べてかなり大きい(iPhone 5がたしか1434mAh)。「じゃあ、ARROWS Vを持って山手線に乗ろうか」と編集長。え、え、ちょっと、どういうことですか!(ズルズルと引きずられながら)

画像 公式サイトにも「スマートフォン最大クラスのバッテリーを搭載」

バッテリーが続くかぎり自腹で課金!

 ということで、ルールを説明しよう。この記事ではARROWS Vのバッテリー容量の大きさを検証するために、以下のルールを設けます。

1:山手線に乗りながら、ひたすらゲームを遊び続ける

2:遊ぶゲームは「パズル&ドラゴンズ

3:バッテリーが続くかぎり「パズドラ」も遊び続けなければならない(途中でスタミナが切れた場合は課金アイテムで回復)

 ちなみに「パズドラ」でスタミナ回復に使う「魔法石」は1個85円。えーと、要するにバッテリーが続くかぎり課金しないといけないってことですか? にっこり笑いながら「そのとおり!」と編集長。「つまりこれは、池谷くんのサイフとARROWS Vのバッテリー、どちらが先になくなるかという戦いなんだよ!」 な、なんだってー!

画像 ご存じ「パズル&ドラゴンズ」。僕のまわりでもみんな遊んでます

 なお、僕のサイフにいま残っているのは3000円とちょっと。課金に使った金額は、同行する編集長が厳密に監視し、随時僕のサイフから抜き取っていくそうです。なんだそのシステム……。

画像 サイフに入っていたお金。金額については突っ込まないように

午後7時19分(0分経過) 渋谷 バッテリー:94% 課金額:0円(残り3000円)

 かくして、渋谷から山手線(内回り)に乗り込み検証スタート。これから何時間かかるか分からないが、とにかく上記ルールに基づき「パズドラ」をひたすら遊び続けるわけだ。

画像 挑戦前の図。やる気が表情にありありと表れています

 なおARROWS Vの設定はほぼ初期状態とした。LTE通信アリ、Wi-Fiオン、Bluetoothオフ。ただし画面の輝度だけは最大にさせてもらった。ちなみにドコモのサイトによると、ARROWS Vの連続通話時間(3G)は約8時間40分。さすがにゲームとなればこれより消費スピードが早いとは思うが……。

 あと、なぜか渋谷へ着くまでで94%に減っていたが、早く帰りたかったので編集長には黙っていることにした。

画像 ちょっと減ってるけど、94%から検証スタート

画像 画面の明るさ以外、設定はすべて初期状態のまま

午後7時36分(17分経過) 浜松町 バッテリー:84% 課金額:0円(残り3000円)

 さて、電車が動き出したのでパズドラ起動。実は自分のiPhoneではそこそこ遊んでいたが、最近ちょっとほったらかし気味だったので久々だ。データはARROWS V用に新しく作ったのでほぼ初期状態。すっかり連鎖や同時消しのコツを忘れていたものの、まだまだ序盤なのでサクサク進んでいく。

画像画像 「パズドラ」プレイ中。宝石を3つ並べて敵を倒していく

 最初のスタミナをちょうど使い切ったところで電車は浜松町に到着。さあ課金か、と思ったらちょうどレベルが上がってスタミナが回復した。そっか、まだレベルが低いからレベルもサクサク上がるのね。ARROWS Vのバッテリーは残り84%。

画像 ランクアップでスタミナ回復

画像 残り84%。まだまだ先は長い

午後8時8分(51分経過) 池袋 バッテリー:66% 課金額:0円(残り3000円)

 久々のパズドラに夢中になっていると、いつのまにか池袋まで来ていた。だいたい山手線を4分の3周回ったくらいか。バッテリーの方は残り66%と、ちょうど3分の1使った計算。

画像 いつのまにか無心でひたすら遊び続けていた

 パズドラの方も順調で、またまたレベルが上がってスタミナ全快。いまだ課金額はゼロである。これならあんまり課金しなくて済みそう……などと内心ほくそ笑んだが、隣の編集長にはあえて何も言わないでおいた。

画像画像 「パズドラ」はいまだ無課金。バッテリーは残り3分の2

午後8時17分(58分経過) 渋谷2周目 バッテリー:60% 課金額:0円(残り3000円)

 ぐるっと1周して、ふたたび渋谷に帰ってきました。スタートからの経過時間はほぼ1時間。おお、山手線ってホントに1周約60分だったんだ、と無駄に感心。ARROWS Vは残り60%で、このペースだと、3周行けるか行けないかギリギリといったところか。

画像 バッテリーは残り60%

 ちょうど1周したところで、ここまでのバッテリーの減りをグラフでどうぞ。序盤の傾斜がなだらかな部分は、まだ渋谷に着く前のスリープ状態だったところ。スタート以降はほぼ同じ傾斜を保っており、順調にバッテリーを消費しているのが分かる。ちなみに途中でグラフが途切れているのは、有楽町あたりで急に電波を拾いにくくなり、1度端末を再起動したからです。

画像 ここまでのバッテリーの減りはこんな感じ

午後8時49分(1時間30分経過) 神田2周目 バッテリー:40% 課金額:0円(残り3000円)

 2周目に入って、急激に車内の温度が下がってきた。寒さに震えつつ、ほんのり暖かくなっているARROWS Vを握りしめて暖をとる。考えてみれば1時間以上ゲーム&通信しっぱなしなわけで、ARROWS Vの方だって大変であろう。

画像 ずっとゲームで遊んでいたので、ARROWS Vもほんのり暖かい(熱いというほどではない)

 と、画面に突如「エコモードに切り替えます」との表示が出た。バッテリーを見るとちょうど40%。どうやら残り40%をきると、自動で節約モードに切り替わるらしい。余計なことをなんてすばらしい機能! とは言え画面がちょっと暗くなったくらいで、それ以外はこれまでと変わらず使うことができた。

画像画像 初期状態では残り40%で発動するエコモード。何パーセントでオンになるかは自由に設定可能

 あ、パズドラは無課金のままランク10になりました。ちょうどスタミナがなくなるころにレベルアップするんだよこのゲーム……。このままずっと無課金だったらどーすんだと思ったが、編集長の方を見たらTwitterに夢中だったので黙っていることにした。

午後9時20分(2時間1分経過) 渋谷3周目 バッテリー:19% 課金額:0円(残り3000円)

 三たび渋谷に到着するころには、バッテリーの残りは19%になっていた。よしよし、このぶんならあと半周くらいで終わりそうだ。

画像 残り19%まで来た!

画像 グラフで見るとこんな感じ。あれ、エコモードは?

 パズドラの方はいまだ無課金でランク11に。これ、もっとレベルの高いデータでやるべきだったんじゃ……。でも無課金で済むならそれはそれでいいかと思ったのでやはり編集長には黙っておいた。

画像画像 順調すぎてもはや比較対象として機能しなくなりつつあるパズドラ。この企画の趣旨とは……

午後9時43分(2時間24分経過) 大崎3周目 バッテリー:15% 課金額:0円(残り3000円)

 ついに「充電してください」の表示。残り15%。ずっとパズドラで遊んでいたためか、ここにきて集中力が異常に高まり、画面を見た瞬間に、どう動かせば多く消せるかが感覚的に分かるようになってきた。勝手にパズドラーズ・ハイと名付けたが、やっぱり編集長には言わないでおいた。

画像 「充電してください」キターッ!

画像 なんかパズドラの腕前もめきめき上がってきてる気がする

午後9時54分(2時間35分経過) 秋葉原3周目 バッテリー:8% 課金額:0円(残り3000円)

 3周目突入時点では「あと半周くらいで終わりそう」と思ったが、半周を過ぎてもまだ残り8%。エコモードの効果か、ここにきて謎の粘りを見せるARROWS V。あの、巣鴨あたりでちょうど切れてくれると、僕が帰宅しやすいんですが……。

画像 切れそうで切れないバッテリー。このぶんだと4周目行くか?

午後10時4分(2時間44分経過) 西日暮里3周目 バッテリー:4% 課金額:0円(残り3000円)

 再度「充電してください」の表示。ついに残り4%! 早く楽になっちまいなと思いつつ、少しでもCPUに負荷をかけるべくパズドラをプレイしまくる。

画像 断末魔のような「充電してください」表示。してやらんわ!

午後10時25分(3時間6分経過) 原宿のちょっと手前 バッテリー:0% 課金額:0円(残り3000円)

 そしてついに訪れた運命の時。原宿の少し手前あたりで、とうとう「電池残量がありません。シャットダウンします」の表示キター! どうなるのかと固唾をのんで見守っていると、そのまま固まり、数秒して画面がブラックアウトした。終わった……終わったよ……。

画像 ついにシャットダウン。長かった……

 ということで、4周目目前というところでARROWS Vは惜しくもリタイヤ(原宿の次が渋谷)。しかし、時間にすれば3時間を超えており、ゲームしっぱなし&通信しっぱなしの状態にしてはよくがんばった方だと思う。特に3周目に入ってからは想像以上の粘りを見せており、エコモードの威力を実感することができた。

画像 グラフで見ると、終盤の粘りっぷりがよく分かる

 ところでパズドラですが、結局、最後まで無課金のまま終了。企画倒れとはこのことである。全然ARROWS Vとの比較対決になってないし、編集長、どう始末をつけるんですか、これ。

「うーん、まあこれはこれでいいんじゃない?」

 いいのかよ! じゃあもういいや! 最後に結論を書いて終わりにしたいと思います。ARROWS V、サイコーッ!







 結論:パズドラは無課金でもけっこう遊べる







画像 最後は原宿で下車。さて、どうやって帰ろう……



※山手線を何周もする場合は周回分の料金が必要になります。同じような実験をしたい人はご注意を!



(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ガジェット編集部/掲載内容有効期限:2012年12月31日