ニュース
» 2012年12月18日 19時14分 UPDATE

東芝、コンパクトフラッシュカード「EXCERIA PRO」シリーズ3モデルを2013年春発売

コンパクトフラッシュカードなどに使われるNANDメモリー大手の東芝が、自社ブランドでのカード発売をスタート。UDMA 7対応のハイエンドモデル3種類から販売を開始する。

[ITmedia]

 東芝は、コンパクトフラッシュカード「EXCERIA PRO」シリーズ3モデルを2013年春より発売する。

 「EXCERIA PRO」は、デジタル一眼レフカメラでの使用向けに開発されたコンパクトフラッシュカードで、同社のNAND型フラッシュメモリを採用し、読み出し速度160MB/s・書き込み速度150MB/sを実現。高速インターフェース規格「UDMA 7」対応とすることで、デジタル一眼レフカメラでの高速連写時の性能も向上させる。また、高速動画記録の規格「VPG-20」にも対応する。容量により16GB・32GB・64GBの3モデルが用意され、価格はいずれもオープンプライス。


tm_20121218_cf01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう