ニュース
» 2012年12月20日 20時40分 UPDATE

三和シヤッター、太陽光で開閉する窓シャッター「マドモア スクリーンS ソーラータイプ」

太陽光だけで動作し外部電源がいらないので、エコなのはもちろん、電気工事が不要なのもありがたいところ。

[ITmedia]

 三和シヤッター工業は、太陽光を利用してシャッターを開閉する窓シャッター「マドモア スクリーンS ソーラータイプ」を、12月25日より発売する。

 「マドモア スクリーンS ソーラータイプ」は、同社の戸建住宅用窓シャッター「マドモア スクリーンS」のケースにソーラーパネルを設置。発電した電気のみでシャッターを開閉する仕組みとなっている。自然エネルギーのみで開閉するため、毎日の電気代が不要となるだけでなく、現場での電気工事や屋外・屋内の配線工事なしで設置できる。太陽光電池のほかニッケル水素充電池も装備されているため、曇りや雨天などが5日間続いてもシャッターの開閉ができる(※1)。幅は760mmから3040mm、高さ700mmから2500mmまでのモデルが用意され、価格は標準モデル(※2)で20万1600円となっている。

(※1)1年を通じて晴天時の正午前後に1日3時間直日光が当たる環境で、1日1回の開けて閉める場合
(※2)木造先付け(アルミサッシ半外付)納まり ホワイト色 1604W×2115Hmm

tm_121220_sanwa01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう