新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年12月28日 08時40分 UPDATE

かわいいは正義:思わずキスしたくなる? 「ARROWS Kiss F-03E」で女の子をかわいく撮る

「ソラリーマン」や「スクールガール・コンプレックス」などを手掛けるカメラマンの青山裕企氏に「ARROWS Kiss F-03E」を渡してみた。

[ITmedia]
ARROWS Kiss F-03E 「ARROWS Kiss F-03E」のJILL STUARTモデル

 思わずキスしたくなる――。

 突然やってくるその瞬間を、気軽に切り取りたいと思った時、やはり手元にあるスマホで撮影するのが便利。そこで、「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」「絶対領域」など、近年話題の写真集を発表している青山裕企(あおやま ゆうき)さんにおもむろに「ARROWS Kiss F-03E」を送りつけ、撮影してもらうことにしました。

 もうお気づきかと思いますが、「ARROWS Kiss F-03E」だから「思わずキスしたくなる瞬間」です。それで、いいんです! キスとかしたくなるのに理由がいらないように、「ARROWS Kiss F-03E」で撮影するのに理由はいりません。青山さんにはどんなところがキスしたくなるのかなどもコメントしていただきました。かわいいは正義!

画像 「袖から手がちょっと出てる“萌え袖”が、ポイント」(あざとい! いきなりあざといです青山さん!)

画像 「公園に落ちている葉っぱを集めてみよう」(なんかそういう無邪気さ、いいですよね)

画像 「視力検査?」(なるほど、そうきましたか。さっきの落ち葉集めからのこれは破壊力あります)

画像 「ふと目を離すと、あんなところに乗っていた! ので、ちょっと体を反らせてみました」(ちょっと高いところにピョンと飛び乗るあたり、もうおじいちゃんが孫を見るような目線で愛でていたいです)

画像 「手の隙間から、瞳」(この瞳に見つめられたらキスしますよ、ええ)

画像 「可愛い変顔って、最高ですよね」(はい、最高です)

画像 「エアギター!」(……え、エアギターだったの?)

画像 「髪を触ってもらいました」(食事をする時に髪をかきあげるあれもいいですよね)

画像 「いーっ」(怒っているんだぞーって言いながら全然笑顔みたいな)

画像 「マフラーで、口元を隠してもらいました。顔の一部を隠すことが、ポイント」(チラリズム的なやつですね)

画像 「寒いので、手を温めてからの……」(からの〜)

画像 「ぎゅっ! と」(アイドルのPVでもお約束の伝統です)

画像 「“越し”に撮ると、可愛さがアップしますよ」(あれですか? なんか隠れておはようからおやすみまで暮らしを見つめる的な?)

画像 「ファッションも、可愛い」(こういう切り取り方、いいですね)

画像 「あっかんべー。ちょっとぎこちないところが、最高です」(さっきの「いーっ」に通ずるものがありますね)

画像 「ベンチに寝てもらったり」(もう絶対すべてゆだねている感じがするじゃないですか)

画像 「ペンギンの真似? してもらったり。棒立ちだけじゃなく、いろいろ動いてもらいましょう」(何気ない動きの中のかわいい瞬間)

画像 「鼻をこする仕草」(てへへってやつですね)

画像 「髪をかきあげてもらうと、ほら、可愛い耳が出ます」(なるほど、髪をかきあげる仕草は耳が垣間見えるのがいいんですね)

画像 「八百屋でみかんを買ってみたので、とりあえず乗せてみましたよ」(なにこれかわいい!)

画像 「『ぱかっ』と剥いてもらって。さりげなく写るタイツも、ポイント」(それを「あーん」って)

画像 「果物を食べてもらう時の表情は、鉄板です!」(なんかエロちっくだったりしますね)

画像 「ごくり」(ごちそうさまでした)

画像 「みんなも、がんばってねー。楽しく撮影してください!」(ありがとうございました)


 「ARROWS Kiss F-03E」といえば、背面のカメラにジルコニアをあしらったり、端末上部が着信時などに光ったりと、いわゆる「全方位きらめくSWEETデザイン」を押し出した女性向けスマートフォン。

画像画像 モデルさんも青山さんに乗せられてさまざまな表情を見せてくれます。より親密だとまた表情や仕草も変わってくるのでしょうね

画像

青山 裕企(あおやま ゆうき)

1978年愛知県名古屋市生まれ。2005年筑波大学人間学類心理学専攻卒業。

2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。東京都在住。

「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」「絶対領域」「吉高由里子 UWAKI」「僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!」「パイスラッシュ」など、次々と話題の写真集を発表。

サラリーマンや女子高校生など“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。

新刊「<彼女>の撮り方」(ミシマ社)では、初のエッセイを執筆。12月に写真集「跳ばずにいられないっ! ソラリーマン・ジャパン・ツアー」(徳間書店)を刊行。

画像画像

画像画像

画像画像


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事